ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Stockholms Stadsbibliotek (市立図書館)
2012年 04月 05日 (木) | 編集
P1000748.jpg

スウェーデン語の遠足で、ストックホルム市立図書館に行ってきました。

遠足というか・・・学校からも我が家からもすぐ近くなんですけどね。


Stockholms Stadsbibliotek
https://biblioteket.stockholm.se/



スウェーデン語の先生は、毎回のように図書館の話をしてくれます。

まだ、図書館を有効に活用できていない生徒たちのために、

今回の遠足を考えて下さったのかな???



行き慣れた図書館ですが、職員の方にガイドしていただいたので、

普段は入れないところに入れたり、普段は気にも留めなかったものとか、

新しい発見もありました。



bibliotek.jpg

ストックホルム市立図書館は、スウェーデンの建築家Erik Gunnar Asplundの作品です。

グンナール・アスプルンドといえば、世界遺産の「森の墓地」ですね。


P1000738.jpg

正面入り口を入って右に新しくカフェが出来ています。


P1000765_20120404180116.jpg

カフェを抜けるとインフォメーションがあります。


P1000734.jpg

まずはこの部屋でガイドの職員さんからの説明。

子供たちの読み聞かせルームですね。夢いっぱい(*^_^*)


P1000742.jpg

一番大きなメインの部屋。

子供たちも見学に来てましたよ~(*^_^*)


P1000746.jpg

天井が高い~~~。

そして上の方にある窓から光が入ってくるので、明るいです。


P1000754.jpg

丸い部屋のまわりにも部屋がいくつかあります。

落ち着いて調べ物をしたり、PCも持ち込んでお勉強したり・・・

お勉強もはかどりそうです。。。


P1000752.jpg

こんなのがあったなんて気づきませんでした。

人の形をした蛇口をひねるとちゃんと水が出るんです。


汚い手で本を触るなってこと?

それとも本を触った後は手を洗いましょうってこと?



P1000761.jpg

wifi freeなので自分のPCを持ちこんでもネットが使えますが

図書館のPCを使うことも可能です。



P1000758.jpg

この部屋には初めて入りました。

音楽に関する本が集められてるようです。

正面のタペストリーがとっても立派!!


P1000768.jpg

この本棚は"lättläst" 英語にすると"easy to read"

ここの本を読みなさいね!と先生に勧められました。

絵本は簡単そうで結構難しいから、この本棚の本が読みやすくて初心者向けとのこと。



P1000737.jpg

いろんな国の絵本のコーナーには、日本の絵本もあります。


P1000733.jpg

これは、本を仕分けする機械。

バーコードを読んで、ロボットが仕分けしています(*^_^*)

ここはガイドをお願いしないと見れないんじゃないかな??




ガイドさんとは本館だけでお別れ。

スウェーデン語の先生とクラスの皆で、別館にも行きました。

P1000771.jpg

別館では新聞でできたお人形がお出迎え。


P1000772.jpg

別館では、各種新聞を読むことが出来ます。

いろんな国の新聞がありますが、日本の新聞は置いてないです(+o+)

在ストックホルム日本人の数が少ないからだよね・・・。



P1000775.jpg

ここは雑誌のコーナー。

雑誌のバックナンバーがたっぷりありそうです。

雑誌まで図書館で読めちゃったら、買う人いなくなりそうだけど・・・(^^ゞ



P1000776.jpg

別館は国際図書館でもあります。

本当にたくさんの国の本がたくさんあります。

日本の本は本箱2つ分しかありませんが、それでも私たち日本人には嬉しいです。


P1000777.jpg

クラスメートはアラビア語をしゃべる人が多いのですが、

アラビア語の本はすごくたくさんあってびっくりしました。

たくさんの移民が来てるんでしょうね。


クラスのみんながここの図書館を有効に活用できるようになるといいですね。

私はもっぱら日本語の本しか借りませんが・・・。


あ。。。スウェーデン語や英語ですが漫画も借りられますよ~。

でも、漫画を借りるなら、セルゲル広場にある文化会館の中の図書館の方がおすすめです。

もちろん市立図書館と同じカードを使って借りられます。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。