ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国旅行記(4) 朝食のお粥と光化門広場まで
2014年 05月 08日 (木) | 編集
kayu4.jpg


韓国旅行2日目。

朝ごはんは、ホテルの向かいのレストランでお粥を食べようって決めてました!

味加本
http://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=5161

ロイヤルホテルの向かい側のセブン-イレブンの隣のビルの2階です。

お店のスタッフさん、日本語OKです(*^_^*)
とてもいい感じの方ばかりで、朝からとてもいい気分で1日が始まりました♪


kayu1.jpg

朝8時開店なので、開店してすぐくらいに行ったのだけど、
あら。。。もう満席近い。

やっぱりお粥は朝ごはんに頂くのね~。

う~ん。。。どれにしようかなぁ~?
お粥の種類もいっぱいあります。

すっごく悩みながら・・・

私は野菜のお粥↓

kayu3.jpg

旦那さまはアワビのお粥↓に

kayu2.jpg

お粥は、日本のサラサラの白粥でもなく、中華の飲茶と一緒に食べるお粥でもなく、
胡麻油の香りのする、ちょっと濃厚なお粥。

おいしい~~~っ!

量もたっぷりあるのに、朝からペロっと。。。(^_^;)

お粥にもおかずがついてくるのですが、
中でもイカの塩辛が特においしかったです~。

もう一度ソウルに来ることがあったら、絶対、朝ごはんにまた来ます!



おいしい朝食を終えて、一旦ホテルに戻って準備をして
(これが出来るのも、ソウルロイヤルホテルのいいところ。。。)

さあ、観光に出発です。


まずは、ソウルで一番立派な王宮「景福宮(キョンボックン)」を目指します。

地下鉄で移動するつもりだったのですが、
地図を見たら、歩いて行けそう。
ソウルの街を眺めながらお散歩がてら歩いて行くのも悪くない。

ということで、歩くことに。。。

P1120051.jpg

明洞から大通りに出ると、そこは日本の都会とほぼ同じ風景。

ハングル文字が見えなければ、日本にいるような気分。

P1120052.jpg

ここはロッテ百貨店。

本当は中もゆっくり見てみたかったんだけど、旦那さまと一緒だしね~。
お買い物は我慢!
韓国旅行に行って、ロッテ百貨店にはいってない日本人って珍しいかもね(^_^;)

お買い物は次回のお楽しみってことで。。。♡
食品もいろいろ売ってたみたいなので、興味あったんだけどな。


ビル街の中にもこんな風に韓国らしい建物も。。。

P1120056.jpg

そして、ソウルの街の東西に流れる清渓川(チョンゲチョン)。

P1120054.jpg

ちょうど、5月6日のお釈迦様の日に向けて(韓国は旧暦でお祝いするので)
色とりどりの提灯が飾られてました。

川の両側には緑がいっぱいだし、公園もところどころにあるし、
何より、ゴミはほとんど落ちてないし、きれいな街という印象を持ちました(*^^*)

kgal_201405081322370db.jpg

きれいな女の子たちを撮影してました。
誰かわからないけど、旦那さまは喜んで写真撮ってました・・・(^_^;)

特に、地元の韓国人もまったく騒いでなかったったので
それほど有名人ではない気がしますが。


さて・・・
歩き始めて30分位かなぁ?もっと歩いたかな?

P1120061.jpg

山の方に景福宮が見えてきました(*^_^*)

景福宮の入り口までの間に、何だかいろいろありそうです♪

どうやらこれが、光化門広場と呼ばれるところみたい。

道もむっちゃ広いです。
噴水がきれいです~~。

P1120062.jpg

これは、李舜臣(イ・スンシン)将軍銅像。

豊臣秀吉が朝鮮半島に攻め込んだ文禄・慶長の役における朝鮮側の将軍だそうです。
日本軍との戦いで活躍した韓国の国民的英雄です。


P1120066.jpg

これは、ハングルを創製した朝鮮王朝第4代王、世宗(セジョン)大王の銅像。

朝鮮では李朝一の名君という意味で世宗大王とも言われるほど、一番重要な王のようです。


P1120070.jpg

この金色の五重塔みたいなのは、なんだったのかな?

ハリボテっぽい感じだったから、お釈迦様の日のための一時的なものだったのかな?

その後ろに、景福宮の正門、光化門が。

P1120073.jpg

光化門には波乱の歴史が・・・。

朝鮮時代の正宮、景福宮の正門として1395年に創建。
1592年の文禄の役で景福宮とともに焼失。
約270年後、景福宮再建の際にその姿を取り戻したものの、
日本植民地時代の1927年に朝鮮総督府が景福宮東側に光化門を強制移転。
1950年の朝鮮戦争で再び焼失。
1968年に鉄筋コンクリートで復元。
2010年に高宗当時の場所に戻すための復元工事が完了。

そっか~オリジナルは文禄の役で焼失してしまったのか・・・。
朝鮮総督府はここにあったのか。。。

と、ガイドブックを読みながら、感じるものがありました。。。


P1120074.jpg

門の前には守門将(スムンジャン)が立ってます。

P1120078.jpg


この守門将(スムンジャン)と一緒に写真を撮ろうと、列ができてました(^_^;)

P1120076.jpg


koutai.jpg


さあ、光化門をはいって、いざ、景福宮へ!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。