ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国旅行記(5) 景福宮と国立民族博物館
2014年 05月 08日 (木) | 編集
P1120081.jpg

光化門を入ると、広~い広場があり、右手の方でチケットを購入します。
入場料は約300円。
京都のお寺の拝観料より安いね~(^^)

日本語の無料ガイドサービスがあるようなのですが、
残念ながら時間が合わず。。。

まあ、自分のペースでのんびり観光するのもいいかな。

この大きな広場で王朝時代の衛兵交代式(王宮守門将交代儀式)が行われるそうです。

これまた残念ながら見れなかったけど(^_^;)
ちゃんと時間を合わせて来るべきでした!


広場の奥に見えるのが興礼門です。

興礼門を抜けると、勤政門。

P1120085.jpg


そしてその向こうには、
現存する韓国最大の木造建築物である勤政殿がそびえ立ってます。

P1120089.jpg

勤政殿は王の即位式や大礼が行われた場所。
この文字が彫られた石は、官位順整列の標識です。

韓国の歴史ドラマとかで、ズラッと官位順に並んでる様子
見たことありますよね~。


P1120091.jpg

勤政殿の王の玉座。

朝鮮では、王の玉座の後ろには必ず「日月五峰図」が飾られていたのだそうです。

この写真ではちょっと小さくてわかりづらいですが、
右側には王を意味する太陽、左側には王妃を意味する月が共に登っていて、
2筋の瀑布が流れる5つ峰と、一番前には松が描かれています。

1万ウォン札の、世宗大王の後にもこれが描かれています。


P1120094.jpg

池に浮かんでいるような巨大な楼閣は慶会楼。
景福宮随一の美しさと言われています。

ここは重要な宴席や、科挙の最終試験場になったそうです。


P1120096.jpg

ここは香遠亭。

王と臣下が船遊びなどで親睦を深めるための空間だったようです。


P1120108.jpg

景福宮の中は、まるでひとつの街のようです。
今は公園になっている部分にも、家が建てられていたんですね。


P1120095.jpg

あ~韓国の歴史ドラマに出てきそうな風景がいっぱい。


P1120104.jpg

やはり、韓国は板の間なのね!
韓国と日本って似てるところとっても多いけど、
畳は日本独自の文化なんだ!と、改めて感じました。


P1120105.jpg

こんなとこも、チャングムの誓いに出てきそう。。。って思ってたら。。。


P1120107.jpg

案の定。。。チャングムの看板が・・・(^_^;)

韓国に来て、もう一度チャングム見たいなって気になってきました。


P1120141.jpg

正門と反対側にある神武門です。

こちらの門から外に出ると、
大統領官邸で知られる青瓦台(チョンワデ)が目の前に広がります。

画像1

警備員が立ってますが、写真は撮れました(*^_^*)


ところで・・・

景福宮を歩いてると、右手の方に五重塔みたいなのが見えるんですよね~。

P1120110.jpg

なんだろう?と思ってそちらに向かって歩いて行くと・・・

P1120132.jpg

国立民族博物館でした!

haubutukan1.jpg


景福宮のチケットを持っていれば、無料で入れるとのことなので、
見学してきました。

P1120121.jpg

P1120115.jpg

人形で、韓国の歴史や文化を再現していたり。

P1120123.jpg

昔の写真を見ることができたり。

P1120136.jpg

野外には、昔の家が再現されていたり。

P1120134.jpg

干支の石像があったり。


結構、楽しめます♪


景福宮、かなり広いので、外を歩き疲れたら、
ちょっと、国立民俗博物館で一休みするのもいいかも、です。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。