ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国旅行記(6) 三清洞~北村
2014年 05月 09日 (金) | 編集
P1120145.jpg


広い景福宮と国立民族博物館を見学し終わり、三清洞のカフェで一休み。

気温も上がってきたので、オープンテラスで冷たいものを(*^_^*)

ソウル市内はあまりfree wifiもつながらない。とどこかに書いてあったのだけど、
想像してたよりはずいぶんwifiがつながる!
(日本より絶対いい!)

このカフェでもwifiがつながったのでiPadを見ながらゆっくりこれからの道順を考えます。


P1120146.jpg

景福宮の東側に広がる三清洞は
伝統的な町並みに洗練されたショップが並ぶ注目のおしゃれタウン!

若者たちのデートコースになってるみたいで、
カップルや若い女の子同士のグループが、街歩きしてました。


さらに東側には韓国伝統家屋が残る北村エリアが広がります。

P1120153.jpg

P1120154.jpg


「北村展望台→」の看板に導かれ、高台から伝統家屋が見れるんだろうな~と、
アップダウンのある坂道を矢印にそって歩いて行くと、
高台に3階建てのアパートが・・・。

ん?北村展望台って、普通のお家???はめられた??

どうやら入場料が必要みたい。
約300円でドリンク付きのようです。

せっかくここまで来たのだから、アイスコーヒーでもいただきに行こう、
とはいってみると。。。

P1120148.jpg

わぁ~っ。

ガラス張りのベランダから、韓国の伝統家屋の瓦屋根が眼下に・・・。
(窓も開けられる)

アイスコーヒーは超薄かったけど(韓国人ってアメリカンがお好き?)

椅子に腰掛けて、ゆっくりとこの景色を楽しめたのはよかったかな。


P1120149.jpg

何故か、この展望台、西欧人が多かった気がする(^_^;)


P1120168.jpg

このあたりには伝統工芸の工房や小さな博物館が点在してます。


P1120156.jpg

もっと見どころはたくさんあったのかもしれませんが、
なんとな~く、お散歩して、そろそろお腹もすいてきたのでランチ~~~!


本当は、行きたいと思っていたレストランがあったのですが、
その周辺を通った時にはまだお腹すいてなくて素通り。

いろいろレストランもありそうなので、適当に見つけて、入りました。


P1120158.jpg

この辺りの家屋の雰囲気に合わせた店構え。

日本語メニューもありそうだし、ここにしよう!!

日本人のお客さんも多そうです。(まあ、観光客向けレストランってことね!)


席につくと、まずはたっぷりのキムチがだされました。

P1120160.jpg

このキムチ、かなり辛かった(>_<)
おいしかったけどね~。


私はアワビの石焼ビビンバにしました。
(本当はお肉のはいったビビンバが良かったんだけど、なかったのよね)

P1120162.jpg

なんか、葉っぱがいっぱい!!
こんなビビンバ、初めて見た~~。

で、混ぜてみると。。。

P1120163.jpg

石焼の熱であんなにいっぱいあった葉っぱがこんなになっちゃいました。
コチュジャンをたっぷりかけて頂きます。

特別すごく美味し~~~いというほどではありませんでしたが、
いつまでも熱々で、ふつうに美味しいビビンバでした。


旦那さまは日本でも焼肉屋に行くと必ず頼む冷麺を。

冷麺は水冷麺とビビン冷麺の2種類ありました。
珍しいのでと、ビビン冷麺を注文。

reimen.jpg

甘辛いタレを麺に絡めて頂きます。

一緒に出てきた氷がいっぱいはいったお茶みたいなもの。。。
これがちょっとクセモノでした。

お店の人がなんか言ってこれを置いて行ったのですが、
私の方にも同じ器でお茶がでてきたので、
冷麺には冷たいお茶がでてくるんだ~と勝手に理解しちゃったんですよね。

主人が一口飲んで、「これ苦手かも。。。」と。
私が飲んでみると、ん?出汁の味がする。。。?
変わってるけど、まあ、不味くはないかなって感じ。


で、、、
冷麺を食べ終わった後、
お店の人に、「これ、何のお茶?」と尋ねてみたら、
「????これは冷麵にかけるものです」と言われ・・・

(@_@;)

そうだったんだ。。。
どうりで出汁の味がしたはずだ・・・。

この冷麵、もっと美味しく食べられたんだ。。。
と、旦那さまはショックを受けてました(T_T)。。。


ちょっぴり遅めのランチを終えて、一旦ホテルに戻ることに。

地下鉄を使って移動しようと思っていたのだけど、歩けそうじゃない?
ってことで、結局歩いて帰りました。30分くらいかかったかな。


この判断、大正解でした。

実はこの日、ソウルの地下鉄で事故があった日だったんです。
正にその事故があった線に乗ろうとしてたし、時間も近かったのよね。


私達が地下鉄の事故を知ったのは、夜遅くになってからでした(^_^;)
それも、日本のネットのニュースで。

そして、夜ホテルに帰ってwifiつないだら、
日本の息子からLINEで大丈夫?ってメッセージが入ってたのでした。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。