ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストックホルム市庁舎(5)
2008年 06月 23日 (月) | 編集
080624-1.jpg


市庁舎もそろそろ飽きてきましたね・・・。

もうしばらくの辛抱です・・・(^^ゞ。

ここはプリンスギャラリー。
会見の間として使用されています。


080624-2.jpg


列柱の後ろのフレスコ画は「水際の都市」

天井にはシドニー・ギブソンのデザインによる、
バカラ・クリスタルのシャンデリアがつるされています。


080624-4.jpg


プリンスギャラリーを抜けると、スリークラウンルームです。

スリークラウンルームの天井には、
スウェーデンの古いシンボルである、3つの王冠のシャンデリアがつられています。
(写真のシャンデリアが3つあります)

080624-5.jpg


また、この部屋には、スウェーデンの歴史上の人物の彫刻が施された、
大きな樫のキャビネットがあります。


080624-3.jpg


スリークラウンルームの隣には、ブルールームという小さな部屋があります。

壁に描かれている絵は
「神聖なる水の都市・ストックホルム」です。


次回はいよいよストックホルム市庁舎で一番豪華なパーティールームを紹介します。
ノーベル賞晩餐会の舞踏会が行われる場所ですよ~~。

Comment
この記事へのコメント
ストックホルム市庁舎
>市庁舎もそろそろ飽きてきましたね・・・。
いやいやいや、もっと見ていたい…

なんだか不思議な感じです。建物自体はとても近代的でまだまだ新しい感じがするところに、アンティークな感じの品々がセンスよく配置されていて・・・市庁舎というより大学?博物館?って思いながら見ています。
こんな市庁舎で執務する議員の方々は北欧的色白、背高な紳士淑女なのか~
2008/ 06/ 25 (水) 01: 18: 37 | URL | たかはし # rEYhRaLU[ 編集 ]
たかはしさんへ
ほんと、たかはしさんが見てくださってると思うと、
ブログを書こうっていう気になります!
すごくありがたいです!!

そうそう、この市庁舎、行政の部分は他のところに移ったんだそうです。
でも議会はここでやるから、議員さんはここにいるんですよね。
さて??市長さんってどんな人だろ???
2008/ 06/ 25 (水) 20: 59: 53 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。