ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICEHOTEL体験記(1) -到着-
2009年 03月 02日 (月) | 編集
P1000028.jpg

1泊2日のキルナへの旅行は、アイスホテルを体験するだけという
アイスホテル限定の旅・・・(^^ゞ
飛行機代もったいない???

ってことで、キルナ旅行記ではなく、アイスホテル体験記ってことで
アイスホテルでの様子を何回かに分けて書こうと思います。

写真のとおり、キルナは最高のお天気!
到着した時の気温はマイナス3~4℃。
このときは、それほど寒くもなく・・・。


StockholmからKirunaまでは飛行機で1時間半。
木と雪だけの世界に、飛行機が着陸。
空港には、ほかに飛行機は1機もなく、タラップを降りたら地面はとうぜん雪。

P1000033.jpg

小さくてかわいらしい空港でした(*^_^*)。

空港の中に入ると、「アイスホテルチェックイン」のカウンターが。。。

え?こんなところでチェックインできるの?と思ったら、
アイスホテルまでのバス(トランスファーサービス)のチェックインカウンターでした。

私たちはネットで予約するつもりだったのに、1週間前にしようと思ったら、
もう時間切れでできず・・・。
でも、バスに乗りたいと言ったら、乗せてくれることになりました。
(他にも同じような人が数組いました)

・・・ってことで、トランスファーサービスを含め、アクティビティー等の予約も
1週間前になるとネットでできなくなるので、早目にしておきましょう。


空港からアイスホテルまでは120kr.です。

P1000039.jpg

日本人の女の子3人組もいました。どうやらイギリスから来ているらしい。

結構たくさんの人が、アイスホテル行きのバスに乗り込みました。

空港からアイスホテルまでは約20分。

P1000047.jpg

アイスホテルの看板が見えました!

そして・・・到着~~~っ!

P1000049.jpg

バスの窓越しに撮った写真なので、左側に人の顔が写っちゃってます。。。
ごめんなさい。

右側がメインのレセプション。
正面の一番奥にアイスホテルがあります。


バスを降りたら、Warm accommodation(暖かい部屋)に泊まる人、
Cold accommodation(氷の部屋)に泊まる人に分けられ、
私たちはCold accommodationのほうに・・・。

そうなんです。

アイスホテルと行っても、私たちが一晩を過ごそうと決心した氷の部屋のほかに、
暖かいコテージもあるんです。

P1000050.jpg


小さいお子さんづれの人や、年配の方は、そちらの部屋に泊っているようですし、
連泊する人は、Cold accommodationに1泊、それ以外は暖かいコテージで、
という風にしているようです。

P1080526.jpg

Cold accommodationに泊まる人たちは、ホテルの方に連れられて、
正面のアイスホテルへと向かいます。

P1080609.jpg

アイスホテルの入り口です!
トナカイの毛皮がドアに貼られています。

P1080566.jpg

アイスホテルは毎年作りかえられるので、これが19個目ということでしょうか。
ということで、19年目?
来年だと20周年とかで、イベントがあったりしたのかなぁ???
とブログを書いていて気付きました。。。(^^ゞ

アイスホテルは、宿泊しなくても、見学だけすることができます。
10:00~6:00までは、見学者も入ることができるので、
宿泊客も、チェックインしても、見学の時間が終わらないと、
自分の部屋として使うことはできません。

とはいえ・・・そんな、-5℃の部屋で、ゆっくり過ごせるはずもなく。。。
まあ、寝るだけの部屋なので、夜7時から朝9時までで十分すぎる気がしますが。


トナカイの毛皮のドアを開けて中に入ると・・・

P1080606.jpg

氷のレセプションがあります!!

え?ここでチェックインするの???ってまさかね・・・。

まあ、アイスホテルの案内係ってところでしょうか。

ずっと立ってるだけで寒そうです。

P1000055.jpg

中に入って、チェックインのこととか、少し説明がありました。

夕方5時から、Cold accommodation宿泊客のための、説明があるようです。
「マイナス5℃でどのようにして快適に眠るか?」
みたいな・・・(^^ゞ

それはちゃんと聞きに行かなくちゃね。


ってことで、アイスホテルに到着したのは、昼の2時頃。

さて・・・これからどうやってアイスホテルでの時間を過ごそうかな???


P1000056.jpg
↑アイスホテルのシャンデリア

続きは次回・・・。

アイスホテルのいろんな客室をご紹介しま~す。


Comment
この記事へのコメント
いよいよ、アイスホテル♪
こんにちは、Hannahさん。
アイスホテル行って来たんですね!
空港も、高い建物がなくて周りは真白。いかにも北国の風情ですね。
ところで、アイスホテルって、夏場はないんですね。・・・って、氷でできているのだからあたりまえなのかもしれませんが、毎年造り替えられると聞いて、今年19個目と聞いてへぇ~を連発しています。
ふふ、来年も何か面白そうなセレモニーがあったらまた来てるかも?
レセプションのテーブルもシャンデリアも水晶で出来ているみたいでとっても豪華に見えます。
マイナス5℃で見る夢はいかがでしたか?
2009/ 03/ 03 (火) 01: 08: 02 | URL | たかはし # rEYhRaLU[ 編集 ]
たかはしさんへ
こんにちは。とうとう行ってまいりました。アイスホテル。
アイスホテル、夏は溶けてなくなります。
ただWarm Accommodationはやってるはず。
確か、冬のアイスホテルの部屋1つだけ残っていて、
博物館の如く、見学できるようになってると思います。

マイナス5℃でも、外に比べるとかなり暖かでした。
と言っても、やっぱりちょっと寒かったけど。
結局、うつらうつらとは眠れましたけど、熟睡できず。
夢。。。見たような、見てないような?
2009/ 03/ 03 (火) 09: 54: 58 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
続きも楽しみ♪
お天気に恵まれてよかったですね。
写真いっぱいで行った気分になります。
お部屋の過ごし方も興味津々!!
2009/ 03/ 03 (火) 10: 47: 25 | URL | Karin # ehuBx04E[ 編集 ]
Karinさんへ
ほんとに、いいお天気でよかったです。
これで雪が降って吹雪いてたりしたら、絶対外に出たくないですよね。
お天気がいいと写真もきれいに撮れるし♪
続きもよかったら、読んでくださいね~(*^_^*)
いっぱい写真載せるつもりです。
2009/ 03/ 03 (火) 10: 52: 43 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。