ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICEHOTEL体験記(3) -Dressing Room-
2009年 03月 04日 (水) | 編集
P1000053.jpg

氷の部屋に宿泊する私たちにとって、
このDRESSING ROOMは本当にありがたいものでした。

この施設がなかったら、つらいだけの旅行になったかも・・・(^^ゞ

入口は雪と氷ですが・・・中は普通の建物です(*^_^*)

このDRESSING ROOMで、私たちは結構長い時間を過ごした気がします。


P1080619.jpg

まずは。。。ここでアイスホテルのチェックインをします。

メインのレセプションは、別の建物にあるのですが、
Cold Accommodationのチェックインはこちらになります。

ここでロッカーのキーと、アイスホテルの自動ドアのカードキーを受け取ります。

P1000231.jpg

氷の部屋に、荷物を持っていくことはできません。
だって、一晩置いておいたら、みんな凍ってしまいますもんね。

なので、荷物は皆、ロッカーに入れちゃいます。

P1000141.jpg

写真右の青いのがロッカー。
着替えをするスペースもあります。
ロッカーは私たちは1つで十分でしたが、
スペースが足りない場合はエクストラロッカーも貸してもらえます。


前回お話した、ART SUITEクラスの宿泊客には、小さいけど個別のスペースがあります。

P1080519.jpg

カギのかかる物置、兼、更衣室くらいの感じですが、
これ、すっごくうらやましかった・・・。
こんなのがあるんなら、やっぱり、奮発してART SUITEにすればよかったと
ちょっと後悔しましたね・・・(>_<)。

かぎを受け取ったら、荷物をロッカーにしまって、暖かい恰好に着替えて、
さあ、行動開始!!
となるわけです。

このDRESSING ROOMでは、防寒具を借りることができます。


P1000205.jpg
・・・かなり立派です。3重構造くらいになってます。
先っぽはゴムになってます。

手袋
P1080528.jpg
これはものすごくあったかいです。
2重になってます。この手袋欲しい!

オーバーオール
P1080534-1_20090304075844.jpg
つなぎのスキーウェアですね。
青、赤、青緑の3色がありました。
サイズは、係りの人がじっと見て、勝手に決めて持ってきてくれます(^^ゞ
色も、勝手に決められます(>_<)。

ほかに、帽子や顔のマスクも借りられるようです。

アイスホテルを見学したり、そのあたりをお散歩するくらいなら、
自分の持っていった服で大丈夫かもしれませんが、
アクティビティーに参加する場合は(スノーモービルとか・・・)、
オーバーオールや靴、手袋は借りた方がよさそうです。

ま。。。1日目(土曜日)の夕方までは、気温もそれほど低くなかったので、
防寒具を借りる必要性をあまり感じてなかったんですけどね・・・。

防寒具を借りるカウンターで、寝る前には寝袋も貸してくれます。
自分で寝袋を持って部屋まで行くんです。
朝は、カウンターまで返します。


普通の旅行であれば、ホテルに到着してチェックインした後、
夕食までの時間はお部屋でベッドに寝っ転がって、ゆっくり・・・
というのが我が家のパターンですが・・・

アイスホテルの場合はそうもいきません。。。

で、私たちが過ごした場所が、このDRESSING ROOMのロビー(ラウンジ?)です。

P1000142.jpg

結構この椅子がすわり心地良くて~~(*^_^*)
この椅子に座って、本を読んだり、ゲームをしたりして、長い時間をつぶしました。

P1080620.jpg

このコーヒーの自動販売機、いったい何杯飲んだことか・・・(^^ゞ
寒いお外から帰ってきて、あったかいコーヒーの美味しいこと!
娘はもっぱらホットチョコレート(●^o^●)

コーヒーの自動販売機の横にあるのは、充電用のロッカー。
デジカメや携帯の充電器を持っていれば、ここで充電することができます。
アイスホテルの部屋には、当然コンセントはないので、
こういうサービスも必要なんですね。いたれりつくせり・・・。

私は、コンセントないだろうし~と思って、充電器を持っていかず失敗。
デジカメの電池が減り具合が気になって、思ったように写真が撮れませんでした。

もちろん、自由に利用できるPCもあります。
ただ、日本語は見えなくて・・・(T_T)
でも、天気予報を見たり、ちょっと利用させていただきました。


これも何度も利用したのですが、水飲み場。
P1080621.jpg

アイスホテルの氷は、すぐ横を流れている川の水が凍ったものを使っているのですが、
その川の水が、ヨーロッパでも有名な清流らしく・・・。
この水飲み場の水は、その川の水だそうです。

確かに、おいしかった!!


DRESSING ROOMには、トイレはもちろんですが、
サウナ&シャワー室(中には洗面所や更衣室も)もあります)
P1080518.jpg

↑この扉の絵、分かりづらいけど、狩りをしてる方の柄が男性、右側が女性用です。


アイスホテルの客室からは、アイスホテルの玄関を通らず、
ショートカットして、このDRESSING ROOMに来ることができます。

P1080569.jpg

↑アイスホテルのこのドアをでて、5mくらい外を歩かなきゃいけないけど、
DRESSING ROOMの裏口から入れます。

私たちも、夜や朝、自分の部屋への行き来は、このドアを使いました。


・・・えと・・・

アイスホテルの綺麗な写真はないの?って感じですが・・・
もし、アイスホテルに宿泊される方がいたら、参考になるかな?なんて思って
書いてしまった記事でした・・・。


次回は、ICE BARについて・・・

ストックホルムのアイスバーには、昨年の9月に行きましたが、
やはり、アイスホテル内のアイスバーだもの、絶対行かなくちゃ。

ってことで、

お楽しみに~~(*^_^*)

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。