ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリンス・エウシェン美術館
2009年 03月 22日 (日) | 編集
P1000932.jpg

ユールゴーデン島の南側の岬にある、プリンス・エウシェン美術館に行ってきました。

Prins Eugens Waldemarsudde
http://www.waldemarsudde.se/

1904年に建てられたエウシェン王子の邸宅で、
王子が住んでいた当時の内装を残したまま、美術館として使っています。




P1000918.jpg

ここが美術館の入り口です。

5月31日まで、カール・ラーションの特別展をやっているせいか、
とてもたくさんの人が来ていました。

残念ながら、美術館の中はカメラの撮影禁止だったので、写真はありません(T_T)


カール・ラーションの特別展は、かなりたくさんの作品が集められていて、
とっても見ごたえがありました。

大好きなカール・ラーションの絵を、こんなにたくさん、近くでじっくり見ることができて、
ほんとによかったですぅ~~。

普段は国立美術館に展示されている絵も何枚かこちらにあったので、
今、国立美術館に行っても、カール・ラーションの絵が少ないってことですね(>_<)

carl2.jpg

これ・・・展示されてたと思います。たぶん・・・。
(写真は、国立美術館に行った時に撮ったもの)


カール・ラーション特別展を見たあとは、プリンス・エウシェンの邸宅の方へ。

王子本人が描いた絵や、北欧画家の作品が、美しいインテリアと見事に調和していて
本当に素敵です。

各部屋にはお花があふれるように飾られていました。

上の階には、テキスタイルが展示されていました。

カフェもあります。
お客さんがいっぱいで、残念ながら、座れそうになくてあきらめましたが・・・。


邸宅からの眺めは最高です。

岬に建っているので、どの部屋からも湖(海?)を眺めることができます。

お庭もお散歩するのにとってもいい感じ。


美術館周辺の写真、ご覧ください。。。

P1000925_20090322095407.jpg

P1000926.jpg

P1000927.jpg

P1000928.jpg

P1000931.jpg

P1000943.jpg

P1000942.jpg

P1000941.jpg


お散歩するにもとっても素敵なところです。

ぜひ、カール・ラーションの特別展示をやっている間に
行かれるのをお勧めしま~す!!

入場料は大人90kr. 18歳以下は無料。
(私は割引カードがあったので、45kr.でしたぁ~)



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。