ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界遺産/森の墓地「スクーグスチルコゴーデン」
2009年 05月 13日 (水) | 編集
P1000883_20090514034856.jpg

スクーグスチルコゴーデン(森の墓地)は約10万の墓があるスウェーデン最大の埋葬地です。

Skogskyrkogården
http://www.skogskyrkogarden.se/en/index.php

墓地には火葬場1ヵ所、葬儀用礼拝堂5ヵ所および屋外斎場1ヵ所があり、
ここでは毎年3000近くの葬儀が営まれています。

1900年代初期にスクーグスチルコゴーデンが完成した時には、
それはユニークで当時の墓地とはまったく趣を異にしていました。

今日、スクーグスチルコゴーデンは近代建築芸術が生んだ、最も重要な創造物の一つに数えられ、
1994年にユネスコの世界遺産リストに登録されました。

ストックホルムから車で南へ約15分。
森の墓地が見えてきました。。。

車で中に入り、まずは外周の細い道を車で走ってみました。

P1000912.jpg

早速、林の中にお墓がたくさん・・・。

スクーグスチルコゴーデンの中心は墓石ではなく、あくまでも自然が中心です。
そのため、墓地は主に森林地区の中に設けられ、墓石は低く簡素なものです。

P1000906.jpg

墓石は、新しいものから、もう崩れてしまいそうな古いものまで、いろいろ。

P1000873.jpg

このあたりは比較的新しいお墓ばかりで、よくお参りに来られるのか、
お花もたくさん供えてありました。

P1000872.jpg

写真入りのお墓にはちょっとびっくり・・・。


ここが森の火葬場です。

P1000888.jpg

森の火葬場および、その隣にある三礼拝堂は
グンナル・アスプルンド(市立図書館も手がけた)の設計によるもので1940年に完成しました。
施設にはフレキシブルで実用的な機能主義が明確に反映されています。
とってもスウェーデンらしいですね。

火葬場の前に、TOPの写真の、大きな十字架が立っています。

花崗岩の十字架は1939年にアスプルンドにより設計され、
匿名家の経済支援により建造されました。

P1000884.jpg

この十字架は信仰のシンボルというよりはむしろ「生-死-生」という
生命循環のシンボルとして考えられています。


火葬場の隣には礼拝堂があります。(今はちょっと工事中)

P1000875.jpg

↑聖十字架礼拝堂の復活像です。

緑の高台へと続く道。

P1000894_20090514035217.jpg

緑の高台から見下ろした景色。

P1000889.jpg

小さく見えるのがお墓です・・・。


復活の礼拝堂。
礼拝堂には古典風の神殿建築様式が取り入れられています。

P1000900.jpg

七井戸の小道

P1000908.jpg

888メートルの距離がある優美な七井戸の小道は、
復活の礼拝堂での別れの儀式へと向かう弔問客達の道として作られました。


ここからはWikiによる説明・・・


スコーグスシュルコゴーデンの建築史上における主な意義は、以下の通り。

1.20世紀前半の建築潮流が次々に変化した時期に設計されたにも関わらず、
 今日におよんでも古さを感じさせない時代を超越したデザインを確立したこと。

2.単に効率よく葬儀や火葬を行うことができる機能的な解決にとどまらず、
 葬儀に参列する遺族の深層心理にまで踏み込んだ建築計画となっていること。

3.北欧人にとって精神的な故郷といえる「森」へ還って行く人間の運命を、
 直感的に悟らせるような建築表現を実現したこと。

スコーグスシュルコゴーデン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3


P1000866.jpg


世界遺産ということで、私は観光気分で森の墓地に行きましたが、
私のような観光客は逆に少なく、
お墓参りに来ているスウェーデン人と、たくさんすれ違いました。

自然の森の中で眠る・・・。
なんだかとても安らかに眠れそうな感じがします。


スウェーデンが生んだ大女優、グレタ・ガルポもこの地に眠っています・・・・。


Comment
この記事へのコメント
お墓・・・
本当に広くて、自然に囲まれていて、こんなところに埋葬してもらえるなんて、周りにその人を慕う人がいるということでもあるのでしょうね。写真入りのお墓・・・いいですね。何代も下ってしまうとさすがに血縁といえどもどんな人だったのかさっぱり・・・ですもんね。
2009/ 05/ 16 (土) 07: 33: 54 | URL | たかはし # rEYhRaLU[ 編集 ]
たかはしさんへ
本当に素敵な場所で、主人が
「ここにお墓建ててほしいね~」なんて言ってました。
写真入りのお墓、、、
この写真はいつまでこの状態で保てるんだろうって
ちょっと心配になります(@_@;)
2009/ 05/ 16 (土) 11: 03: 16 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。