ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーン旅行記(6) 国立オペラ座とリンク通り観光
2009年 07月 02日 (木) | 編集
P1010475_20090701044016.jpg

忘れかけてたウィーン旅行記の続きです・・・(^^ゞ

美術史美術館へ行ったあと、15:30からの日本語ツアーに参加するため、
ウィーン国立オペラ座に向かいました。

ウィーン国立オペラ座は世界屈指のオペラ劇場であり、
国際的な舞台で活躍するトップアーチストたちが出演しています。

本当は舞台を見るのが一番いいのでしょうけど、オペラはよくわからないだろうし、
時間も限られているので、中を案内してくれる、ガイドツアーに参加することにしました。
日本語があるところが、すごいですよね!さすが。

ガイドツアーのチケットを購入し、時間までホールで待っています。

P1010477_20090701044016.jpg

日本語のガイドさん、日本人かと思ったら、違ってました。
とっても日本語のお上手なガイドさんでした。

P1010479_20090701044016.jpg

ツアー参加者は、日本からの観光客と思われる人よりも、
私たちのような、ヨーロッパ在住の駐在員家族?って感じの人が多かったです。
ヨーロッパはどこも連休でしたからね。

P1010482.jpg

館内はどこも素晴らしい装飾が施されています。

P1010510_20090701044044.jpg

観客席。。。後ろのボックス席の数がすごいです。
立ち見席もあるようです。

P1010494_20090701044017.jpg

舞台の準備の様子も見せてもらいました。

P1010508.jpg

毎日違う演目を上演するので、
毎日、舞台装置を入れ替えるのが大変そうです。

P1010503_20090701044044.jpg

いくつもの舞台の大道具がたくさん並んでました。

P1010474.jpg

オペラ座外観です。

オペラ座は、建物の博物館と言われるリンク通りに建っています。
リンク通りを車でぐるっと一周したので、その写真を・・・。

路面電車が走ってます

P1010271.jpg


国会議事堂

P1010521.jpg
民主主義発祥の地、ギリシャに敬意を表して、ギリシャ古典様式の建物です。
アテナの像が建ってます。


市庁舎

P1010527.jpg
年の自治権が認められた時代のゴシック様式。

市庁舎を正面から見ると・・・。

P1010535.jpg


ブルク劇場

P1010534.jpg


ベートーベンハウス

P1010537.jpg
金色の像の奥にある白い建物がパスクァラティハウス。
ベートーベンがこの建物に一時住み、
有名な交響曲5番やフィデリオなどを作曲したそうです。


ヴォテイーフ教会

P1010538_20090703044119.jpg


ウィーン大学??
・・・かなぁ??? ちょっと自信ないけど・・・(笑)

P1010541.jpg


次回は2日目の夕飯。
ドナウ川沿いのレストランへ行きました。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。