ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タリン旅行(2) -トームペア-
2009年 12月 26日 (土) | 編集
P1050309.jpg

船を下りて、旧市街地へはタクシーを使いました。

歩いて20分とガイドブックにあったのですが、雪で足元は悪いし、
やっぱり寒いし・・・
(タクシーの運転手さんによると+1℃とのことでしたが、風もあって寒かった)

旧市街地について、まずは山の手のトームペアの方に向かいました。


トームペアは石灰岩の層にできた、高さ24mの丘だそうです。


トームペアのご案内の前に、船から撮った、タリンの風景・・・。

昨日の記事に入れ忘れたので・・・(^^ゞ

P1050272.jpg

こちらが旧市街地の方を写したもの。

タリン旧市街地(タリン歴史地区)は、世界遺産に選ばれている美しい街です。


P1050275.jpg

こちらが新市街。

思ったより高いビルがあって、ちょっとビックリ。


さて、トームペアのご案内。


まずはトームペア城

P1050323.jpg

13世紀前半に、かつてエストニア人の砦があった場所に建てられた騎士団のお城。
現在の姿になったのは、18世紀後半のこと。


P1050329.jpg

お城の南側の塔は「のっぽのヘルマン」と呼ばれています。
これは、15世紀当時のもの。
50.2mの塔は、エストニアの三色旗を誇らしげに掲げています。


トームペア上の正面に建っているのが、アレキサンドル・ネフスキー教会

P1050322.jpg

1901年に支配者の帝政ロシアによって建てられた、ロシア正教教会です。


右の丸い塔の方がキーク・イン・デ・キョク、左の四角い塔がネイツィトルン

P1050315_20091226071958.jpg


キーク・イン・デ・キョクというおかしな名前は、ドイツ語で「台所をのぞけ」という意味だそうです。
トームペアの南端に、防御のために建てられた、高さ49mの塔です。

ネイツィトルンは、中世に売春婦の牢として使われていたので、
「乙女の塔」という皮肉な名前が付けられたんだそうです。



大聖堂(トームキリク)

P1050336.jpg

1219年にデンマーク人がトームペアを占領してすぐに建設した、
エストニア本土で最古の教会。
創設以来、タリンにおける中心的教会の地位にあるそうです。


大聖堂の前にあったお土産物屋さん。

P1050335.jpg

丘の上だからか、とにかく寒くて、お土産物屋さんに逃げ込みました(^^ゞ

ここで、エストニアの木でできたお人形と、クリスマスツリーのマトリョーシカを購入。
クリスマスセールで、まけてくれました(*^_^*)


P1050339.jpg

このあたりにはお土産物屋さんも多く、
特に、amber(琥珀)のお店がたくさんありました。

クリスマスプレゼントに買ってもらおうかとも思いましたが。。。

やめときました(>_<)


展望台

P1050349.jpg

トームペアは丘なので、いくつか見晴らしのいい展望台がありますが、
北側の展望台は、旧市街地の下町を一面に見降ろせるので素敵です。

P1050341.jpg

展望台からの景色。

P1050340.jpg

海の方まで見渡すことができます。

私たちが乗ってきた船も見えました。

P1050312.jpg


トームペアの丘から、坂を下りていきます。。。

雪が一度とけて凍ったのか、滑りそうでとにかく怖かったです。

雪道でも大丈夫なブーツを履いて行ったんですが、それでもすべる・・・。

ゆっくりゆっくり坂を下りて、下町へと向かいます。



次回は、旧市街地の下町のラエコヤ広場の様子をお伝えします。

広場では、クリスマスマーケットが開かれていました。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。