ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セムラの日
2010年 02月 16日 (火) | 編集
P1050927.jpg


今日はセムラの日、Fettisdagenです。

今年は、ロイトナンテンのセムラをいただきました~(*^^)v

http://lojtnanten.se/blogg/

セムラって、シュークリームみたいに見えるから、シュークリームだと思って食べちゃうと、
なんじゃこりゃ!!って感じになりますが、慣れるとおいしいです。

やっぱり、おいしいお店のセムラをいただかないとね。

カルダモンがきつすぎたり、
アーモンドクリームが苦かったりすると食べにくいですけど、
おいしいセムラは、おいしいです(^^ゞ


ロイトナンテンのセムラ、今年もとってもおいしかったです。
娘も「おいしい♪」っておやつにパクリ。

大きいのはさすがに一人じゃ食べきれないけど、
プチセムラなら大丈夫(*^_^*)

Image000.jpg

お店には、セムラを買い求めに、たくさんのお客さんが、次々来られてました。
やっぱり今日はセムラの日なんだな~って。
お店で食べて帰られる人も多いですね。


セムラ
とは・・・(って去年も書きましたが)

スウェーデンの伝統的菓子の一種。
中身がくり抜かれたカルダモン味の甘いパンの中に
アーモンドペーストと牛乳を混ぜ合わせたものが入れられ、
その上にホイップクリームが加えられるのが特徴。
コーヒーなどと一緒にそのまま食べられることが多いが、
暖かい牛乳などにひたして食べる方法もある(この食べ方はヘートヴェッグという)。

かつては四旬節の断食の際にしか食べられることがなかったが、
現在はクリスマス明けから断食の終わりまで食べられている。

世界一おいしい菓子パンなのではないかと度々言われる。

「セムラ」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

復活祭までの断食に入る灰の水曜日の前日に
高カロリーのものをたべておこうってことで、
セムラができたのかな~。


では、セムラを作ってみましょう。

セムラは基本的に菓子パンです。

Image003.jpg

ってことで、まずは、カルダモン入りの甘いパンを焼きます。
ふわふわ~~(*^^)v


Image005.jpg

上を三角に切り取って、穴があいた部分に、アーモンドクリームを詰めます。


Image006.jpg

その上に生クリームをたっぷり絞ります。
(生クリームは甘くないです)

Image007_20100217064054.jpg

ふたをして、粉糖をふりかけます。

は~い。セムラの出来上がり~~(*^_^*)


セムラを食べる機会があったら、

シュークリームとは決して思わず、生クリームたっぷりの菓子パンだと思って、
思いっきり大きな口をあけて、パンと生クリームとアーモンドクリームが一度に口に入るように
かぶりついて召し上がってみてください。
(これが正しい食べ方なのかどうか知らないけど)

セムラのおいしさが、わかると思いま~~す。


でも、やっぱり、おいしいお店のセムラをいただきましょ~~(*^^)v

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。