ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガリー旅行記(5) 王宮地下迷路とランチ
2010年 05月 22日 (土) | 編集
P1070205.jpg

王宮を外から見学した後、王宮の丘の北の方へ。

くさり橋から見ると、丘の右側です。


P1070206.jpg

王宮はこの地図の右側。

今から行こうとしているのは左側です。

ちなみにくさり橋は、地図の上側になります。


ハンガリーと言えばパプリカ・・・(^.^)

P1070216.jpg

レストランや雑貨屋さん、いろんなところの店先に、パプリカが下がっています。


小さなヘレンドのお店もありました。

P1070209.jpg

何も買わずに出てきちゃいましたけど。


三位一体の像

P1070222.jpg

これは、中世ヨーロッパで猛威をふるったペストの終焉を記念して建てられたものだそうです。


ところで、王宮の丘の地下には、洞窟が縦横無尽に走っているそうです。

王宮の丘の地下洞窟は深さ数10mにおよび、
もともとは、ワインセラーや祈りの場、監獄として使われていたそうです。

現在、その一部が観光客向けに王宮地下迷路として開放されています。

P1070240.jpg

ここが、王宮地下迷路の入口。

P1070242.jpg

フラッシュをたいて写真をとったので、こんなに明るく写ってますが、

本当は、すっごく暗いんですぅ~~~。

P1070251.jpg

はっきり言って、怖いです。。。

なぜか、効果音まで・・・まるで、おばけやしきみたいです・・・(+o+)

迷って出られなくなる、というようなことはなさそうですが、

でも、暗くて、この先に進んでいいの???と不安になります。

P1070256.jpg


途中、少し明るい部屋に出ました。

P1070261.jpg

なんだろう???と近寄って見ると。。。

P1070262.jpg

きゃ~~~~っ!!

血????



いえいえ、赤ワインです。

ワインの湧き出る泉だそうです。

紙コップが転がってましたが、このワインは飲まない方がよさそうです。(注意書きもあります)


怖い怖いと思いつつ、無事迷宮を抜けだし、地上へ。。。



そろそろお腹もすいてきたので、レストランに入りました。

P1070287.jpg

ハンガリーで1度は食べようと決めていたグヤーシュ

P1070279.jpg

パプリカの粉末を牛肉、野菜と煮込んだスープ。

とってもおいしかったです。

このお店のランチ、グヤーシュとデザートがセットになってました♪

P1070282.jpg

このデザートはショムローイ・ガルシュカ

ラムシロップがしみ込んだスポンジケーキに、生クリーム、チョコレートがたっぷりかかってます。

チョコレートパフェみたいですが、アイスクリームは入ってません。

おいしかったです!!でも、アイスが入ってた方がうれしかったかも(^^ゞ



次回、王宮の丘で一番目につく高い尖塔の方へ・・・



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。