ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガリー旅行記(9) ルダシュ温泉
2010年 05月 27日 (木) | 編集
Rudas4.jpg

夕食の後、ゲッレールトの丘からの夜景を楽しみ、

金曜日は22時から混浴になる、ルダシュ温泉へと向かいました。

ルダシュ温泉は、もともと男性専用の温泉でしたが、

2006年から、火曜日は女性専用、金曜日の夜と、土・日は、水着着用で混浴です。

金曜日の夜は22時から翌朝4時まで営業しています!

(写真はWEB SITEより)

P1070500.jpg

エルジェーベト橋を渡ってすぐのドナウ川沿いにあります。

夜は路上駐車OKのようです。

P1070503.jpg

これがルダシュ温泉の入口。

夜だったし、分かりづらかったです(>_<)


Rudas1.jpg

昼間はこんな感じ。(写真wikiより)

こうやって見ると、結構立派なのかな。。。?


P1070504.jpg

お金を払って、いざ入ろうと、写真をとったら、叱られちゃいました(T_T)

ここ、写真撮影禁止みたいです。(どこにも書いてない気がしたけど…)


ってことで、写真は、Web Siteのものをお借りして・・・。

Rudas2.jpg

ルダシュ温泉は、1566年に建てられたトルコ式の浴場。

丸天井と回廊に囲まれた八角形のお風呂で、全体に薄暗く厳かな雰囲気です。

昨日行ったセーチェニ温泉とは、正反対って感じ。

こちらは、ほんとに、日本の「温泉」のようです。落ち着いて、温泉を楽しめます。

rudas3.jpg

八角形の大きなお風呂は38℃くらい。

そのまわりに、温度の違った小さなお風呂が4つあります。

中でも、42℃のお風呂は、日本人には嬉しいですよね~。芯からあったまります。

でも、欧米人にはかなり熱いみたい(^^ゞ

足だけつけて、飛び上がってましたから(@_@;)

42℃のお風呂に浸かってあったまったら、20℃のお風呂で体を冷やす・・・。

もちろん、サウナもありましたよ。


rudas5.jpg


男性専用の日は、円形のお風呂の中心部分で一人で浸かっているのは

「パートナー募集」という意味だそうです。。。

いろんな人のブログを読んでると、ビックリするようなことがいろいろあるようで・・・(>_<)


10時過ぎから、2時間弱、温泉を楽しみました。

金曜の夜だったせいか、若い子たちのグループが多かったです。

家族連れは、ほとんどいませんでした。



明日はハンガリー旅行最終日です。

次回、旅行記最終回。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。