ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガリー旅行記(10) ヴィシェグラード
2010年 05月 28日 (金) | 編集
P1070565.jpg

ハンガリー旅行最終日。

スロバキアのブラチスラバ空港14:40発の飛行機だったので、

あまりゆっくりしている時間はありません。

行きと同じ高速道路をつかえば、ブラチスラバまで渋滞がなければ約2時間。

でも、行きと同じ道を走るのは面白くないし・・・。

ということで、少し時間はかかりそうですが、ドナウ川沿いに、ブラチスラバに向かうことにしました。


途中に、どこかいい場所があれば寄ってみたいなと思って、

ガイドブックで見つけたのが、ヴィシェグラードという町。

ブタペストからは、車で約1時間ちょっとかかります。

P1070519.jpg

ヴィシェグラードの町まであと少し、、、ドナウ川を渡れば・・・

と、ナビにしたがって行ってみたら、そこには橋がありません・・・(@_@;)

P1070523.jpg

そうです。

この渡し船に乗って渡るようです。

去年、ドイツのライン川でも、同じような渡し船に乗りました。。。


P1070525.jpg

乗る前に、売店のようなところでチケットを買って・・・。


P1070527.jpg

このプジョーが、3日間お世話になったレンタカーです。


P1070539.jpg

遠足なのか、小学生風の団体と、高校生風の団体が乗り込んできました。


P1070543.jpg

川を渡って、あの山の上にある要塞から、ドナウ川を見下ろしたいなと…(*^_^*)


ヴィシェグラードの街は、14世紀、ときの王が、ブタペストでの王位争いを避け、

ここに王宮を構えたのだそうです。

15世紀にはローマ法王の使者が”地上の楽園”と絶賛するほどの

栄華を誇った古都だったそうです。

P1070538.jpg

今では古跡が残るだけの小さな町ですが、かわいらしい町でした。


ヴィシェグラードは”高い城”という意味。

山頂にある要塞が、ヴィシェグラードのシンボルです。

P1070546.jpg

急な階段を上って、要塞の上に登ります~~~。

P1070558.jpg

P1070557.jpg

ここからは、ドナウの曲がり角が一望できます。

ドナウ川は、ウィーンからブラチスラバを経て、東西に流れていますが、

この一帯で突如南北方向へと方向を換え、ハンガリー国内を縦断しています。

P1070548_20100528063011.jpg



飛行機までの時間もないので、ヴィシェグラード観光はここだけをさらっと見て、

ブラチスラバへとひたすら車を走らせます。

P1070571.jpg

もう一度、ドナウ川を渡るのですが、今度はちゃんと橋がありました。

この橋の上で、ハンガリーとはお別れ。。。

P1070572.jpg

スロバキアに入ります。

P1070573.jpg

畑の中の真っすぐな一般道を、ただひたすら走って、

ブラチスラバに入る、ほんの少し前に、ようやく高速道路になりました。


これで今回の2泊3日ハンガリー旅行はおしまい。。。

短い旅行でしたが、ブタペストだけならこのくらいで十分かもしれません。

温泉も2か所、行けましたしね。


次回の旅行記は、夏休みですね~。

第一弾は6月末予定。 お楽しみに~~~(^O^)/



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。