ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監獄博物館
2010年 06月 13日 (日) | 編集
P1080158.jpg

Långholmenにある、監獄博物館へ行ってきました。

ここは、250年間監獄として使われてきた建物を改造したユースホステルで、

宿泊客じゃなくても、博物館やユースホステルを見学することができます。


Långholmen
http://www.langholmen.com/


ここが博物館の入口ですが、レセプションで、入場料25SEK(宿泊客以外)を払って、

このドアのドアコードを教えてもらって中に入ります。



中に入ると、独房が並んでいるのですが、

実はこの博物館内の独房も、ユースホステルとして使われています。


P1080178.jpg

これは、当時の独房のドアを再現したもの。


P1080182.jpg

中はこんなふうになっていたようです。

思いのほか、上にある窓からの光が入って、明るい感じ。

あ・・・でもこれって、夏だからですよね。。。(^^ゞ



P1080175.jpg

看守さん。。。



P1080173.jpg

こうやって、お仕事させられてたんでしょうね。



P1080172.jpg

当時使われていたものが展示されています。



P1080176.jpg

当時の囚人の再現写真

外の人と会うときは、こんな覆面をさせられていたようです。

一応、人権保護ってことでしょうか。



P1080181.jpg

ギロチンの模型。


P1080209.jpg

部屋番号の札とか鍵とか・・・。

このなが~~~い鍵も、牢屋のカギでしょうか?



P1080166.jpg

博物館内のトイレも、入口はこんな感じ・・・。

入っていいの?使っていいの?



P1080193.jpg

ユースホステル内は禁煙で~す。



P1080194.jpg

中央の吹き抜けの両側に、独房が並んでます。

とっても清潔な感じで、とっても明るくて、

これなら快適だよね!って感じのユースホステル。



P1080161.jpg

部屋のドア。。。



P1080198.jpg

ユースホステルとして改装される前は、こんな感じだったようです。

ユースホステルとして利用することを考え出した人って、すごいですよね。。。


このユースホステル、人気みたいですよ。




P1080164.jpg

こんなグッズも発売されてます。

お土産にいかが?



と思っていたら・・・

こんな団体が・・・・。

P1080189.jpg

どうやら、このユースホステルに宿泊するお客さんたちのグループのようです。

すっごいノリノリ~~~(^O^)/




P1080190.jpg

ホテルも併設されていて、レストランも立派だし、

カンファレンスルームなんかもあって、たくさんのグループが来てました。

いろんなところで、いろいろアクティビティーもやってたし、

ユースホステルとして利用しているだけではなく、なんだか楽しそうな場所です。



次回は、この建物の外をご紹介します。

ユニークな監獄カフェで、ゆっくりお茶してきました。


Comment
この記事へのコメント
覆面がチョー怖い!!!です。なんかエレファンとマンを思い出してしまいました…。あの、改装後は快適そうに見えますが、実際以前は監獄として使用してたわけですよね・・・なんか夜中にでたりしないのかなぁ・・・うっ怖いよ、また。
2010/ 06/ 13 (日) 18: 26: 02 | URL | しましま # -[ 編集 ]
しましまさんへ
そうなんですよね。。。
監獄で使用していたものだから、
なんかの怨念がついてないのかなあと、ちょっと怖いですよね。。。

でも、このTシャツ来てるスウェーデン人の宿泊客の方たち、
すっごく楽しくて仕方ないって感じでしたよ。はしゃいでました。
私は・・・やっぱり泊まりたくはないかなぁ。
2010/ 06/ 13 (日) 18: 39: 23 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。