ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記(2-4) ルーブル美術館~1階・半地下~とモンブラン♪
2010年 06月 28日 (月) | 編集
P1080677.jpg

ルーブルで、モナリザの次に見どころと言われるのが、

1階にある彫刻群の中のこれ!!

ミロのヴィーナス」ですよね。


ミロのヴィーナスまでの道も、矢印が出ているので、

迷うことなくいけると思います。


P1080675.jpg

ミロのヴィーナスは、午前中に一度見て、

また行くつもりはなかったのに、もう一度、たどり着いてしまいました(^^ゞ

ここもやっぱり、午前中の方が人が少なくて、見やすかったです。

P1080680.jpg

ミロって人の名前じゃなくて、島の名前。

ってことで、ギリシャの地図。



P1080683.jpg

1階には、ギリシャやローマなど、さまざまな地域の彫刻が集められてます。


P1080685.jpg

以前、ギリシャに住んでいたので、

どうも、彫刻は見あきていて・・・(^^ゞ

私も、娘も絵画の方が好き。ってことで、彫刻は通り過ぎる~~~~(>_<)


P1080687_20100702184733.jpg

これって、アクロポリスの、アテナ神殿の柱みたいだけど・・・ちがうのかな?

ちゃんと説明を読んでもない私って・・・ごめんなさい。


いろいろ、有名な彫刻もあったようですが、ちゃんと見てません。

ギリシャに住んでた私たちにとって、ここに本物があったのね・・・。

という思いが・・・(>_<)


最後に行ったのが、半地下。

ここでは、ルーブルの歴史を見ることができます。

P1080792.jpg

12~13世紀にフィリップ・オーギュストが築いた城壁の跡です。

P1080795.jpg

実はこのあたりで、
たまたま同じ時期にパリに旅行に来ていた娘のお友達家族にばったり会いました!

前日の夜にはメールでやり取りしていたけれど、
その日、ルーブルに行くことはお互いに知らなかったし、
特に約束もしてなかったのに、、、こんな偶然ってあるんですね。

ビックリ!!


P1080794.jpg

古代エジプトの展示は、このあたりから行くことができます。

エジプトにも行ったことがあるので、ここもパス・・・(>_<)



で、中央、ナポレオンホールに戻ってきました。

P1080797.jpg

午後2時過ぎでしたが、まだまだ人が入ってきてましたね。

チケットを買ったり、パンフレットをもらったりするのがここ、ナポレオンホールです。

P1080798.jpg

ここの上が、あの、外にある大きなガラスのピラミッドです。

下からピラミッドを見上げてみました。


5時間ほどいたルーブルにもここでお別れ。

P1080804.jpg

暑~~~い。。。(>_<)


P1080806.jpg

カルーゼル門を抜けて、

お目当てのカフェで一休み・・・。


P1080817.jpg

お目当てのカフェというのは、

アンジェリーナ Angelina

ココ・シャネルも通ったという、
チェイルリー公園に面した、老舗のサロン・ド・テ。

P1080809.jpg

きゃ~~~

かわいくて、美味しそうなケーキがいっぱい(^O^)/

ストックホルムではなかなかお目にかかれません。。。


P1080810.jpg

ここは、元祖モンブランのお店。

ボリュームたっぷりのモンブランを、二人で1個頂きました。

P1080814.jpg

ちゃんと、フォーク2本持ってきてくれました(^^ゞ

メレンゲの台に、たっぷりのクリーム。
その上に、マロンクリーム・・・。

甘すぎず、とってもおいしかったです。

でも、一人で1個食べるのは、苦しいかも~~~(>_<)

P1080815.jpg

エスプレッソを一緒に頂いて・・・

さて、街歩きに出かけましょう。。。


Comment
この記事へのコメント
ルーブル行ったけど、こんなに詳しく見てないかも。というわけで、「ほほー」ときれいな写真を見ていった気になり、食べた気になりました。ちゃんとカフェとかも調べていくんですね。えらいなあ。うちはいつも行き当たりばったりです。今度行く機会があったら参考にさせていただきます。で、モンブランは自分で作るのとどっちがおいしいと思いました?(笑)
2010/ 07/ 03 (土) 19: 24: 44 | URL | しましま # -[ 編集 ]
しましまさんへ
ルーブルは、娘にとって今回の旅行の目玉だったので、
ネットで少し予習しておきました。
ダヴィンチコードも見直したし(*^^)v

モンブラン、自分で作るものとは別物でしたね。
自分で作るモンブランは、ロールケーキ、カスタードクリーム、
生クリーム、栗の甘煮、マロンクリームと、
いろんなものを一気に味わえるので、うれしいですよね。
元祖モンブランは、マロンクリームがおいしかったのと、
台がメレンゲってのもありだな~と思わせてくれました。
2010/ 07/ 03 (土) 21: 11: 47 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。