ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記(3-5) オランジュリー美術館
2010年 06月 29日 (火) | 編集
P1080989.jpg


モネの8枚の「睡蓮」の大作を楽しみに、

オランジュリー美術館へと向かいました。

でも、1日目から歩き続けて、足が疲れ果てています・・・(>_<)

本当は、コンコルド駅からの方が近かったのに、

チュイルリーでメトロを降りてしまって、失敗・・・。

暑いし、足は痛いしで、娘はもうへとへと・・・。

P1020079_20100706070726.jpg

ようやく、オランジュリー美術館の入口に到着。

長い列ができていましたが、私はミュージアムパスを持っているので、並ばずに済みました。

ただ、今は特別展開催中なので、別料金が必要で、
中に入ってから、いくらか差額を支払いました。

ここで気づいたのが、どうやら今日は、いつもより閉館時間が早いということ。
やはりこれもスト。。。?
ってことは、この次に行く予定のオルセー美術館も、早く閉館しちゃう可能性大???


P1080998.jpg

オランジュリー美術館の目玉は、やはり、この白い楕円形の部屋。

2つの部屋にに4点ずつ、モネの「睡蓮」が展示されています。


P1080999.jpg

本当は、この部屋のベンチで、ゆっくりと睡蓮を鑑賞しながら、足を休めたかったのですが、
早めにオルセーに行かなくちゃ!ということで、早々に切り上げました。


P1080997.jpg

いろんなモネの「睡蓮」・・・ご覧ください。

P1090004.jpg

このオランジュリー美術館は、
これらの「睡蓮」を展示するためにオープンした美術館だそうです。

P1090005.jpg

ここで「睡蓮」を見ていると、
ジヴェルニーのモネの邸宅と庭園にも行きたかったなぁ~という思いが…。
もう1日あれば、行けたのになぁ。残念。


P1090007.jpg


急いで、地下に降りて、他の印象派の絵を鑑賞しました。。。
ほんと、ゆっくり見る時間がなくて残念。

P1090013.jpg

ルノワールの「ピアノを弾く少女たち

娘は印象派の中でルノワールが一番好きらしく、この絵を気にいってました。


P1090016.jpg

ルノワールの「大きな裸婦


P1090017.jpg

セザンヌの「リンゴとビスケット


P1090021.jpg

セザンヌの「小舟と水浴する人たち


P1090028.jpg

キース・ヴァン・ドンゲンの「ギヨームポール肖像


このお部屋・・・

P1090030.jpg

実はミニチュアなんです(^O^)/

写真に撮ったら本物みたい。

P1090033.jpg

いろんな絵が飾られていて、素敵でしょ。


P1090034.jpg

とにかく、早くオルセーに行かなくちゃ!!という一心で、
30分ほどで、オランジュリーを終えました。

特別展示の方は、見ないで出ました。。。



P1090037.jpg

オランジュリーを出て、セーヌ河にかかるソルフェリーノ橋を渡って、
オルセー美術館へ向かいます。


P1090039.jpg

橋の上に、こんな南京錠が・・・

きっと、恋愛のおまじないですね(*^_^*)


P1090040.jpg

橋からの景色・・・。
セーヌ河、やっぱり素敵な景色です。


P1090038.jpg

橋の上から見たオルセー美術館。

とにかく、急げ急げ~~~!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。