ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記(3-2) エッフェル塔
2010年 06月 29日 (火) | 編集
P1080872.jpg

突然のストライキのせいで
(いえ、知らなかっただけで、前から決まってたものかもしれないけど…)
朝一、エッフェル塔に行くことにしました。

ガイドブックを見ると、エッフェル塔は9時半からとのこと…。
(実は、この時期、9時からあいてました)

まだ9時前だったので、まずはエッフェル塔のベスト鑑賞ポイントと言われる
「シャイヨ宮」へ行ってみることに。

P1080873.jpg

1937年のパリ万博会場として建てられた宮殿、シャイヨ宮です。

エッフェル塔撮影のベストスポットとして人気が高いそうです。


P1080878.jpg

シャイヨ宮から撮った、エッフェル塔。

ここは、午前中は逆光になってしまって、だめですね・・・(>_<)
夕方に来れば、とってもいい写真が撮れそうです。

エッフェル塔のミニチュアを売ってる人がいっぱい・・・。。。
ここでこれだと、エッフェル塔の下にはもっといっぱいいそう。。。


P1080885.jpg

シャイヨ宮の下の広場。。。
あ、そういえば、一昨日、ワールドカップのフランス戦のとき、
ここに集まって応援してるとこ、テレビでやってたなぁ。。。

残念ながら、フランスは予選敗退。それも最下位で・・・。
ってことで、フランス国民、ちょっと元気がありません。


P1080886.jpg

シャイヨ宮から、セーヌ川を渡って、エッフェル塔の下へ。。。
少し列ができてるようですが、まだまだ人は少なそう。
今のうちに、エッフェル塔の上まで登っちゃえ~~~!

P1080887.jpg

真下から、エッフェル塔を見上げてみました。


P1080889.jpg

私がエッフェル塔を作った「エッフェル」です(*^_^*)


P1080890.jpg

チケット売り場は、階段用とエレベーター用に分かれています。
階段だと、第2展望台まで登れるようです。

私たちはもちろんエレベーターで、一番高い、第3展望台までのチケットを買いました。
ここは、残念ながら、ミュージアムパスは使えません。


P1080895.jpg

まずは、大きなエレベーターに乗り込んで、第2展望台まで。
(第1展望台はスルーしました)


P1080896.jpg

エレベーターからの眺めです。

さっき写真を撮りに行った、シャイヨ宮がきれいに見えています。


P1080930.jpg

第2展望台で小さなエレベーターに乗り換えます。

高いよぉ~~。怖いよぉ~~。


P1080905.jpg

第3展望台からの景色です。

ズームで凱旋門を・・・。


P1080907.jpg

先ほど行った、シャイヨ宮。

こんなふうになってたんだ・・・(^.^)


P1080917.jpg

シャイヨ宮の反対側、シャン・ド・マルス公園。

エッフェル塔おりたら、こっち側から写真を撮ろうっと。


P1080904.jpg

東京とストックホルム。
パリからだと、同じ方角になるの?


P1080934.jpg

ガラス張りだけど、下が見える穴が・・・。
地上の人間が、ゴマ粒のように見えます・・・。


P1080937.jpg

ここは第2展望台。
ここからでも、十分素晴らしい景色が楽しめます。


P1080939.jpg

そして、ここが第1展望台。
お土産もの屋さんは、ここが一番大きかったかも。


P1080941.jpg

第1展望台からだと、こんな感じ。
これじゃやっぱり物足りないね(^^ゞ


P1080942.jpg

エッフェル塔でゆっくりしているうちに、
こんなに長蛇の列ができていたんですね・・・。
朝一にエッフェル塔に来たのは大正解でした。

P1080945.jpg

エッフェル塔を降りて、シャン・ド・マルス公園側から、エッフェル塔を撮影。
午前中は、こちらからの写真がきれいですね。


P1080955.jpg

シャン・ド・マルス公園。
緑の芝生の上で、少し休んで行こうかな。。。


P1080954 (1)

エッフェル塔の写真、撮りまくりました(>_<)
ちょうど、モデルさんみたいな人が、自転車で行ったり来たり。
私もついでに撮っちゃいました。


P1080957.jpg

さて、次は、メトロでシテ島へ・・・。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。