ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記(4-2) ヴェルサイユ宮殿 王の正殿
2010年 06月 30日 (水) | 編集
P1090086.jpg

ヴェルサイユ宮殿の見学は、王室礼拝堂から始まります。

まずは1階から礼拝堂を見学・・・。

ゆっくりとオーディオガイドを聞きたいところですが、
この辺でゆっくりしていたのでは、後から来る団体さんに追いつかれてしまう。。。

ってことで、見学もそこそこに次へ向かいます・・・。


P1090091.jpg

回廊・・・。

P1090095.jpg

階段を上って、今度は2階から王室礼拝堂を。。。

この王室礼拝堂は二層になっています。
階上席は国王や王族などの席で、
1階はそれ以外の信者を受け入れたそうです。


ここから、王の正殿とよばれる、
ギリシャ神話の神々をテーマとした7つのサロンが続きます。


ヘラクレスの間
「正殿の夜会」のレセプション用の広間として使われました。
P1090099.jpg
奥の絵は、ヴェロネーゼ作「パリサイ人シモン家の宴」

P1090101.jpg



豊饒の間
ルイ14世の貴重な所蔵品が置かれていた部屋。
P1090103.jpg



ヴィーナスの間
「正殿の夜会」で軽食を取る場所として使われていたそうです。
P1090107.jpg

P1090108.jpg



ディアナの間
部屋の中央に大きなテーブルを置いて、ビリヤードを楽しんだ部屋。
P1090112.jpg
ルイ14世の胸像があります。


マルスの間
「正殿の夜会」の際に音楽を聴く場所でした。
P1090115.jpg
ルイ15世王妃の肖像画。

P1090116.jpg



アポロンの間
ヴェルサイユ宮殿の中でも最も豪華な部屋で、
玉座がおかれて各国大使との謁見などが行われていたそうです。
P1090120.jpg
リゴー作「ルイ14世の肖像画」 ルーブルでも見ましたね!!

P1090122.jpg


このあと、いよいよ、ヴェルサイユ一番の見どころへと続きます(^O^)/

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。