ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記(4-3) ヴェルサイユ宮殿 鏡の回廊
2010年 06月 30日 (水) | 編集
P1090144 (1)

7つのサロンを通り抜けると、
「戦争の間」「鏡の回廊」「平和の間」と続きます。

これらは、ルイ14世の戦勝と政治的偉業を称えるものとなっています。


鏡の回廊は、ヴェルサイユ宮殿見学のハイライト!!
写真でどうぞお楽しみ下さい(*^_^*)

戦争の間
オランダ戦争でのルイ14世の勝利をテーマとしています。

P1090124.jpg

大きなメダイヨンには、オランダ戦争中のルイ14世が描かれています。


そして、この部屋を出ると、いよいよ、鏡の回廊!!

P1090126.jpg

ここまで、オーディオガイドも各部屋ごとに最後まで聞かずに、
とばして、どんどん進んできたおかげで、
まだ、鏡の回廊にも人が少なく、全体を見渡すことができました。

鏡の回廊は、長さ73m幅10.5m。
当時は珍しかった鏡が、向き合う窓と同じ巨大なサイズで17個並んでいます。

P1090131.jpg

現代の鏡のように、はっきりとは映りませんが、
お約束の写真を・・・(^^ゞ

P1090132.jpg

娘と私並んで撮ってみました(>_<)


P1090130.jpg

天井画はルイ14世の功績を描いたものです。
ここでは、王家の結婚式の際に催される舞踏会などの
大きな祭典も行われたそうです。


P1090134.jpg

鏡の回廊の窓からは、広大な庭園を見ることができます。


P1090135.jpg


P1090136.jpg


P1090139.jpg


P1090148.jpg


平和の間
「戦争の間」や「鏡の回廊」のテーマとなっている戦いのあとに訪れる平和、
歴代のフランス国王が築き上げてきた平和を表現しています。

P1090142.jpg

暖炉の上の絵は「ヨーロッパに平和をもたらすルイ15世」

P1090143.jpg


今までに、ヨーロッパの宮殿には、いろいろ行っていますが、
この、鏡の回廊は、特別な感じをうけました。

とにかく、鏡の回廊には人の少ないうちに来たいですね!!

早起きして、ヴェルサイユに来たかいがありました。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。