ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ旅行記 まとめ
2010年 07月 01日 (木) | 編集
P1090326.jpg



パリ旅行を振り返ってみました。。。


やはり、パリって、世界中から観光客が集まる場所なんだな~と実感。

観光地で聞こえてくる言葉・・・
この時期は、なんとなく、アメリカ人が多かった気がします。
アメリカはもう夏休みなのかな?

もちろん、日本人もいっぱい。
いろんなところに日本語の表示があったり、当然のように日本語のリーフレットがあったり。
窓口の人も、片言の日本語をしゃべったりして、ビックリ!

まあ、観光地の人はたいてい英語をしゃべるので、
言葉で不自由することはあまりありませんでした。
観光地以外だと、フランス語しか通じずに苦労しそうですけどね。


P1090328.jpg


<パリの観光地見学のコツ>

ミュージアムパスは、とにかくお得。

ミュージアムパス4日券を買って、しっかり元が取れました。
なにより、美術館ごとにチケットを買う列に並ぶことなく、買う手間もなく、
見せるだけでいいというのが、とにかく楽。
18歳未満はほとんど無料なので(私が行ったところは全部)、
娘はパスポートで年齢を確認してもらうだけで通してくれました。


混雑の予想される観光地は、とにかく朝一に。

ルーブル美術館、エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿
私たちは、丸1日観光できる3日間、この3つを朝一で行きました。
特に、早く行って並ぶ必要はなく、開館少し前に行くくらいで十分だと思います。
それだけのことで、待ち時間だったり、撮れる写真が全然違います。
人が多いのと少ないのとでは、疲れ方も違います。

人が少ないうちに見る有名絵画。
先までずっと見渡すことのできる鏡の回廊。

エッフェル塔も、もっと遅い時間に行っていたら、
間違いなく、展望台に登らず、下からエッフェル塔の写真を撮っただけで満足して
帰ったに違いありません。

ほんの10分か20分のことで、ルーブルやヴェルサイユは状況がかなり変わります。
がんばって早起きするのって、良い観光をするには大切なことなんだなと
分かり切ったことではありますが、改めてそう思いました。

普段の家族旅行だと、朝はホテルでゆっくり朝食をとってから、
(パパはそのあとシャワーを浴びたりするし・・・)
ゆっくり出発するのが常ですが、
ここぞ!って観光地に行く時は、がんばって早く出かけるようにしよう!!

って・・・パリ以上に混雑する観光地なんてないかもね。

ルーブルに行ったとき、「こんなに混んでる美術館初めて・・・」と娘。



ストライキにあったら、臨機応変に、とにかく早めに行動

まさかと思ってましたが・・・パリ名物のストに直面するとは。
私が直面したストがいつものストと同じものなのかわかりませんが、
今回は、ヴェルサイユ関係(RERヴェルサイユ行きも)、美術館関係、
ノートルダム周辺など、いろんなところで一斉にストの影響がありました。

ヴェルサイユは庭園のみ見学できる状態だったようなので、
RERがストだと言われたら、確認して、できればヴェルサイユに行く日を変えるべき。
その他の場所は、見学できても、閉館の時間がどこも通常より早かったので、
とにかく、早め早めに観光を終えて次々回るといいかと。

インフォメーションの人は英語が通じるので、とにかく聞いちゃうのが一番かも。

そして、一番大切ンこと。
パリ旅行で絶対にはずしたくないものは、
後回しにせず、最初の日程でどんどんこなしていくべきですね。
突然ストでいけなくなっちゃう場合もあるので、行ける日に行っておかないと。



まあ、とにかく、無事に4泊5日の旅行を終えられてよかった。
ストライキにはあったけれど、見たかったもの、行きたかった場所へは、
ほとんど行くことができました。


<反省点>

もともとの予定では、行くはずだったサンジェルマンに行けなかったこと。
これは、ストの関係で急に予定を変えたせいなんですが・・・。
2日目のマレ地区散策を、サンジェルマン散策にしておけばよかった…
と、ま、後の祭りですが・・・。

あとは、靴かな。
娘はペッタンコ靴を履いて行ってたのですが、
底が薄くて、かなり足がつかれたみたい。。。
スニーカーだと暑かったのかもしれないけど、もう少し考えればよかった。
ちなみに私は、このクロックス。
shoes.jpg
おかげさまで、たくさん歩いたけど、結構平気でした。
もちろん、筋肉痛はありましたけど。



長々と、パリ旅行記を書いてしまいました。

読んで下さった方々、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。


このあと、目次をUPして、おしまいにしたいと思います。


Comment
この記事へのコメント
この旅行に反省点はなし!と見ていましたが?私はパリに行くとカフェにはいるのも注文するのもお金を払うのもどぎまぎし、何が正しいのかが分からず緊張します。なんか自分がものすご~く田舎の人のような気がして。普段の図太さが出せません。フランス語のせいかと思うのですが。次回行く時は誰かフランスに精通した人にくっついて歩いて行くのがいいなあ。あ、それってツアーってことか。(しましま家の人々は勝手気ままなので、あまりツアーを利用したことがありません。)自分でやらなきゃだめなのよね。
2010/ 07/ 12 (月) 14: 43: 35 | URL | しましま # -[ 編集 ]
しましまさんへ
私は完全におのぼりさんの観光客でしたよ~。
めるしぃ、とか、ぼんじゅ~るとかしかフランス語使えないし、
相手がなんと言おうと、ひたすら英語で通す(*^^)v
これって、外国に来てひたすら日本語で通そうとする日本人のおばちゃんと一緒かも(^^ゞ
カフェに入るのは、ちょっとドキドキでした。
周りの人を見渡して、どうすればいいのか観察してました。
娘と二人で…。
チップもどうする?とか…。

我が家も、ツアーって利用したことほとんどありません。
エジプトですら、個人で行ったくらいですから。
しましまさんなら、何も問題なしに行けちゃいますよ。
私でも、こんなに楽しめましたし~~。
2010/ 07/ 12 (月) 15: 33: 01 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。