ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やすらぎ」でリラックス その2
2010年 10月 08日 (金) | 編集
P1020818.jpg

やすらぎのお風呂です~~~


お風呂は、

裸で入ることのできる、内風呂とサウナ。

水着を着て入る、温水プールと露天風呂、ミストサウナ。(つまり混浴)

があります。


P1020857.jpg

まずは洗い場。

ここは裸でOKです。

まずここで体をお湯で流してから、お風呂に入りましょう。

(と説明を受けるようです。。。かけ湯のことですよね。)


P1020831.jpg

裸で入ることのできる内湯ですが、皆さん水着を着て入ってました。

私も水着のまま・・・。

日本人には少しぬるいくらいの温度ですが、

スウェーデン人にはちょっと熱いのかも・・・(^^ゞ


P1020830.jpg

サウナ。

良い感じの温度でした。

ここも裸でいいようですが、やっぱり水着で入っちゃう私。


内湯の隣りにあるこのドアは・・・

P1020860.jpg

女男???

どうやら、混浴ということのようです。

ミストサウナは混浴なので、水着着用です。


ミストサウナ、汗いっぱいかいて、とっても気持ちよかったです。


温水プールです。

P1020823.jpg

深いところは水深1.8mあるので足がつきません~~~。

温水と言っても、お風呂よりはずいぶんぬるいので、

お風呂やサウナで温まってから入るといいですよね~。


そして寒くなったら、温水プールの横にあるお風呂に入りま~す。

P1020828.jpg

プールサイドのお風呂の向こうにある障子に囲まれたお部屋。

この中にはビーチチェアがあって、ゆっくり休むことができます。

反対側のプールサイドにも、ビーチチェアが並んでます。



そして・・・露天風呂!!

P1020820.jpg

何といっても、ここが一番気持ちよかったです。

もっとお湯がぬるいかなと思ってたんだけど、

ゆっくり入ってられるくらいの温度で、ちょうどよかったです。

木がいっぱいでちょっと見えにくいけど、露天風呂から海も見えます。


ほんとに身も心もリラックスできました。



次回はやすらぎで和食ランチ・・・。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。