ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都観光(2) 龍安寺
2010年 12月 27日 (月) | 編集
ryouanji07.jpg

金閣寺から、バスで5分ほど・・・。

龍安寺に行きました。


石庭で有名な龍安寺


幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、

帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭。


巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭です。


ryouanji04.jpg

龍安寺の門です。

ここも、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。



ryouanji05.jpg

寺の南側には広大な鏡容池(きょうようち)があり、

周囲は回遊式庭園になっています。



ryouanji06.jpg

石庭拝観入口です。



ryouanji01.jpg

冬のこの時期だったせいか、人が少なくて、ゆっくり見れてよかったです。

15個の石は、庭をどちらから眺めても、

必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているといわれています。

たしかに、どこから見ても14個しか見えないなぁ。。。


ryouanji02.jpg

知足の蹲踞(つくばい)

蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。

ここの蹲踞には「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれています。



ryouanji03.jpg

この龍安寺は、エリザベス女王が絶賛し、世界各地での日本のZEN(禅)ブームと相俟って

日本人より海外の観光客の来訪者の比率が高いといわれています。


確かに、外国人が多かった気がします。

龍安寺は、娘がぜひ行きたいといったお寺で(枯山水の庭が見たかったらしい)

やっぱり彼女の感覚は外国人なのかな?なんて思ったりして。。。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。