ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道後温泉旅行(1) 道後温泉本館
2011年 01月 02日 (日) | 編集
dougo01.jpg

年末、家族で松山の道後温泉へ1泊2日で行ってきました。

道後温泉は3000年を超える歴史があり、日本最古の温泉で、

皇族や聖徳太子も訪れたといわれています。


温泉好きの夏目漱石が通った、3階建ての道後温泉本館は、

国の重要文化財に指定されています。


千と千尋の神隠しに出てくる油屋のモデルにもなったとか?


dougo04.jpg

道後温泉本館は、いろんなチケットが売られていて、

どれにしようか悩んでしまいます・・・。

でも、せっかく来たのだから、個室を使える一番高いのにしようってことで、

おひとりさま1500円のチケットにしました。


dougo02.jpg

入口です。

ここで靴を脱いで、チケットを見せて中に入ります。


dougo03.jpg

1階は「神の湯」という、大きなお風呂があります。

このお風呂は、どのチケットでも入ることができます。



dougo05.jpg

3階の個室が並ぶ廊下。



dougo06.jpg

4人だと、この大きさの個室を貸してくれます。

80分っていう時間制限つきですが・・・。

ここで貸してくれる浴衣に着替えて、お風呂へ。

お風呂は、2階の霊の湯に入ることができます。

お風呂は小さいけれど、人が少ないので、少しゆっくりできるかな。


もちろん、1階の神の湯に入ることもできます。



dougo07.jpg

個室から、本館2階の屋根を眺める・・・。



dougo08.jpg

お風呂を楽しんで、個室に戻ると、

坊っちゃん団子とお茶を用意してくださいます。



dougo14.jpg

3階の一番はしっこに「坊っちゃんの間」があります。


dougo15.jpg

夏目漱石の像や写真などが飾られています。

実際には、この部屋だけでなく、どの部屋も漱石が休憩につかっていたようです。


dougo09.jpg

ここは、天皇や宮様も来られたことのある温泉です。

皇族の方が来られると、この門をあけて、中に入られるんだそうです。


実際に大正天皇や昭和天皇が入られたお風呂や、お着替えされた部屋、お手洗いなど、

見学することができました。

丁寧に説明してくださって、とても興味深く見学できました。


dougo10.jpg

この石に、温泉のお湯をかけながら、願い事をするといい?


dougo11.jpg

本物のミカンの皮でできたライトがいっぱいついた、クリスマスツリー。

道後温泉本館の横にありました。



道後温泉本館は、この時期でもたくさんの人が来ていて、

神の湯は、結構混雑していました。

ゆっくり温泉に入るという意味では、ホテルのおふろにゆっくり入った方が良さそうですが、

夏目漱石が入った温泉って思ったり、

皇族専用の又新殿の見学も出来たり、

観光として、道後温泉本館は、やっぱりはずせないかな。。。


時間に余裕のある方は、できれば、個室を借りられるチケットを買うのをお勧めします。

それだけの価値は絶対にあると思います~。



次回は、道後温泉周辺について・・・。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。