ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデン流お誕生日の祝い方
2011年 04月 11日 (月) | 編集
birthday.jpg

今日のスウェーデン語の授業でもらったプリントのイラスト。

この課のタイトルは

En födelsdag

「お誕生日」です。


このイラストをみた時、

お誕生日を迎える男の子は病気で、入院でもしてるのかな?と思ったのですが・・・・


クラスの他の人たちも、そんな風に思ったようで・・・。

「なんで、この子はベッドに寝てるの?病気なの?」とみんな口々に質問。

先生は、病気だなんて、そんなことないよ~(笑)

え?じゃあ、いったいどうしてベッドでお祝いされてるの????


どうやら、スウェーデンでは、お誕生日の日の朝、

家族がベッドに行ってお祝いするみたいなんです。

トレイには、

ホットチョコレートの入ったコップ、

サンドイッチ(トースト?)ののったお皿、

お花の入った小さな花瓶、

歳の数のろうそくを立てた大きなお誕生日ケーキ、

そしてお金の入った封筒。


そして大きなプレゼント・・・。


クラスのメンバーみんなビックリです。(いろんな国の人がいますが・・・)

普通、お誕生日のお祝いは、ベッドの上じゃないでしょって…(^^ゞ

どうやら、これがスウェーデン流のようです。

私にとってもそうですが、クラスのみんなにとっても、初耳だったようです。



最後に、みんなでお誕生日の歌を歌いました。

今まで住んだ国だと、Happy Birthday to you をその国の言葉で歌うのが常でしたが、

スウェーデンは曲が違います(+o+)


    Ja, må han leva!

    Ja, må han leva!

    Ja, må han leva uti hundrade år!

    Javisst ska han leva!

    Javisst ska han leva!

    Javisst ska han leva uti hundrade år!


    (女の子の場合は、hanがhonに変わります)

100歳まで生きることを願います・・・。という意味の歌詞です。


ちなみに、「お誕生日おめでとう」は

Grattis på födelsedagen! (グラッティス ポ フェーデルセダーゲン!)

です。


お誕生日には、プリンセスケーキを食べることが多いようです(*^_^*)

princes.jpg

緑色のマジパンが、ちょっと毒々しいなと思っていたのですが、

慣れると結構おいしくいただけます。

スウェーデン語の先生曰く、スウェーデン人が一番好きなケーキだそうです。





Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。