ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデン人の心の故郷、ダーラナへ(1)
2011年 06月 04日 (土) | 編集
P1180893.jpg


スウェーデンでは、今年、6月2日の祝日と6月6日のナショナルデーが重なって、
中日の金曜日まで休みにするところもあり、その場合はなんと5連休!

娘の学校も、主人の会社も金曜日がお休みになったので、小旅行に出かけてきました。

行き先は、ダーラナ地方。

3月末や4月初めに、スキーを兼ねて行ったことはありますが、
初夏のいい季節にダーラナに行くのは初めて。

今回は、スウェーデン人らしい休日の過ごし方を少しだけ真似て、
ダーラナではホテルではなく、キャンプ場のコテージを借りて泊まることにしました。

スウェーデン人の心の故郷ダーラナで、ゆったりと過ごした3日間の旅行記です。


P1180895.jpg

ストックホルムから、車で約3時間。
E4と80号線を走って、ダーラナに入りました。

途中で寄りたかったのが、カール・ラーションのおうち
2年前の4月に行って、すごく素敵だったので、夏にも行ってみたくて。

冬のダーラナの様子はこちら↓
http://confeitostockholm.blog71.fc2.com/blog-entry-469.html

4月の初めはまだ雪がいっぱい残っていて、
冬のダーラナの美しさを見ることが出来ましたが、
カール・ラーションの絵に描かれている、緑いっぱいの夏の風景も、
ぜひぜひ見てみたかったんですよね。


P1180907.jpg

カール・ラーションのおうち。
わぁ^^冬とは全然違いますね。


P1180908.jpg

前回、おうちの中を見学するツアーに入って、おうちの中は十分見せて頂いたので、
中には入りませんでした。


P1180909.jpg

ザリガニパーティーの絵って、ここを描いてる?
って思えるような景色です。


P1180911.jpg

こんな絵もなかったっけ?
とにかく、どこを見ても、絵になる景色…。
2度目だったけど、行ってよかった(*^_^*)


P1180906.jpg

ここは、チケット売り場兼、カール・ラーションSHOPです。


P1180918.jpg

前回はここで絵を買ったんですよね^^


P1180902.jpg

隣にある、博物館です。
まだオープンの時期じゃなかったみたいです。

ダーラナが夏の季節を迎えるのは、やはり、夏至祭のころからなのかな。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。