ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ost & Vinprovning チーズとワインのテイスティング(2)
2011年 10月 04日 (火) | 編集
P1210902_20111004043836.jpg


チーズとワインのテイスティング、

2回目は白ワインとそれに合うチーズです。


白ワインといっても、辛口・甘口があるので、

それぞれのワインに合うチーズも違うのかなぁ???



P1210887.jpg

白ワイン1本目はブルゴーニュの辛口の白ワイン。

Bourgogne Meursault Fracois Mikulski

360SEK(約4000円)


P1210884.jpg

樹齢の古いぶどうの樹からの完熟したシャルドネで仕込まれており、

熟したトロピカルフルーツの香りのフルーティーな辛口ワイン。


ソムリエのNadjaさんに「バニラとナッツの香りがする」と言われ、

じっくり香りを味わってみると、確かにそんな香りが・・・。


日本でも販売され、注目されてます。
http://www.netwave.or.jp/~sake-ml/w-bg-francois-mikulski.htm


P1210882.jpg

そんな辛口の白ワインに合うのがこの山羊のチーズ(シェーブルチーズ)。

Sainte Maure  Frankrike Loire

灰が周りについていて外皮は灰色。

中身は真っ白ですが、熟成進むと外側から薄い黄色が入ってきてクリーム色になります。

これは6カ月熟成されたものなので、かなり周りから黄色くなってきてますね。

芯の部分には藁が入ってます。食べるときは、もちろんこれは取り除いて…。



辛口の白ワインに合うもう一つのチーズ。

P1210886.jpg

フレッシュチーズのモッツァレラ。

Buffel Mozzarella  Italian Kalabien

イタリア産の水牛のモッツァレラチーズです。

2日前に作られたばかりのフレッシュなもの。


P1210889.jpg

スペインカタローニャ地方のオリーブオイルをかけていただきました。


P1210885.jpg

このオリーブオイル、すっごく美味しかったです。

どうやら、日本でも話題のオリーブオイルらしい…。
http://www.teatro-select.com/olive.html

オリーブオイルまで最高級品を持ってきてくれたソムリエのNadjaさんに感謝!


おまけで、これらのチーズに合う白ワインをもう1本紹介してくれました。

P1210891_20111004042835.jpg

これはとってもリーズナブルなワインです。

Duck Pond Pinot Gris 120SEK(約1400円)

オレゴン産の白ワイン。

このワインの詳しい情報はこちら

このワインに関する日本のサイトは見つけれらませんでした。

日本語のブログも、みんな海外在住の方のものばかりだったので、
日本では販売されてないかな?


家で飲むなら、このくらいの値段のワインがギリギリラインってとこかなぁ。

お客様が来る時はブルゴーニュの方を奮発しますか(*^_^*)




次は、同じ白ワインでも、少し甘口のワインを紹介してくれました。


P1210901.jpg

Alsace Heimbourg Pinot Gris

250SEK(約2800円)


楽天市場では同じ年のものではないですが、3590円で出てました。
http://item.rakuten.co.jp/wineya/961494/#961494


私は基本的に白ワインが好きなので、ちょっぴり甘いこのワイン、好き。


P1210905.jpg

このワインに合うといって出されたのが、チーズと、、、なんとリコリス。。。Oh....

チーズはウォッシュチーズ。

Munster  Frankrike Alsace

ワインと同じアルザス地方のマンステールというチーズです。

匂いはかなり強烈ですが、匂いの割に味はマイルドで柔らかくて食べやすいです。


黒いほうがリコリス。

スウェーデン語ではLakrids、英語だとLiquorice
甘草のことです。
それをグミみたいなお菓子にして、みんな好んで食べてるんですよ。。。

10年以上前に、オランダ人の友人に口に入れられてからというもの、
リコリスには拒否反応を示してしまう私ですが、
このリコリス、美味しくいただけました。。。
甘いんです。キャラメルに混ぜ込まれてるって感じで。
甘いものなら食べられるんだ…と初めて気づいた瞬間でした。。。

でも、リコリスのキャンディーとか、甘くても嫌だった覚えがあるんだけど…。


このワインに、このチーズというのは納得。。。

でも、なぜ、リコリスが付いてきたのかは不明(+o+)

ソムリエのNadjaさんの趣味???

P1210918.jpg

これは後から出された甘くないソルティーなリコリス。

やっぱりこれは駄目、絶対食べられない!


なんで北欧の人って、こんなにリコリス好きなんだろ。。。

理解に苦しむ日本人ですが、きっと日本人が納豆を食べるのも同じようなものかな。


リコリスのことはまあ置いといて・・・


白ワイン3本とも、おいしかったです。

オレゴンの以外は、普段は買わないような値段のものですが、

もう一度自分でも買って、ゆっくりじっくり飲んでみたいですね~。


日本食には合うかな???



次回は赤ワインと赤ワインに合うチーズです。


Comment
この記事へのコメント
リコリス~v-12
私も苦手です。匂いもだめです(笑)
美味しそうなワイン、ロンドンでもあるのかなと酒屋でものぞいてみます。
2011/ 10/ 05 (水) 12: 25: 42 | URL | しましま # -[ 編集 ]
しましまさんへ
リコリス…苦手ですよね~。
ほんと、これが初めて食べられたリコリスでした。
ほとんど匂いも味もなくて、キャラメルだった気がします。

美味しいワイン、探して下さいね~。
2011/ 10/ 05 (水) 14: 56: 31 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
ワインとチーズ
色付きの文字
ブログを主に見ていらっしゃると伺い、お邪魔してみます。BBSに書き込んだばかりですが、テーマが面白そうなので、書いて見ました。
パスワードが苦手です。北欧ではワインが獲れませんでしょう?
愉しみに拝見しています。
2011/ 10/ 16 (日) 03: 32: 10 | URL | 坂本朗子 # DirjK4hY[ 編集 ]
朗子さんへ
こちらにもコメントありがとうございます。
パスワードはなんでも好きなものを入れていただけば大丈夫です。

北欧は寒くてワインができませんが、国が大量のワインをまとめて輸入するので、割に安く手に入るんだそうです。
主人は今でもポルトガルの赤ワインが一番!と言っています。
2011/ 10/ 16 (日) 07: 55: 08 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。