ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どろどろ~~~っ
2012年 02月 08日 (水) | 編集
P1000268.jpg

いつも、ストックホルムのきれいなところを紹介していますが、

たまにはこんなところも…。


ここ数日マイナス10℃以下の日が続き、雪も積もり・・・

昨日はマイナス5℃くらいまで上がり、ちょっと過ごしやすい1日でした。


でも、こうなると問題が・・・(>_<)




あ…自転車の人ですが、多分"冬タイヤ"をつけて走ってます(*^^)v
寒くても、自転車乗ってる人結構いるんですよね~。



P1010252.jpg

道路が、ドロドロになるんです。。。

氷点下なので、溶けてる訳ではないのでびちゃびちゃではないんですが、

ドロドロ~~~~っなんです。


イギリスの時は凍結しそうな日には、道に塩がまかれてました。

ストックホルムの場合、雪が降って凍りそうになったら、

小石の混じった土が歩道にも車道にも撒かれます。

これがほんとに土なんですよね。

確かに、この小石混じり土、凍結した時の滑り止めには効果があるんですよ。


でも、しっかり雪が積もってる間はいいんですが、雪がなくなってくると、

土やら小石やらとちょっと残った雪が混じって、ドロドロ。。。




P1000269.jpg

この時期、みんな滑らないようにと、靴底がでこぼこの靴を履いているので、

この泥やら小石やらを、靴底にはめ込んで?!室内に入っていくわけですよ。


写真は、うちのアパートの入り口。

大きな足ふきマットがありますが、ドロドロです。。。こんなマットで拭ききれるはずもなく。

で、このドロドロを持って、階段を上ったりエレベーターに乗ったり、

そして家の中に入る。。。

日本と違って玄関に段差はありませんから、そのまま泥が広がって…。


掃除機かけたって、拭き掃除したって、

誰かが靴を履いて帰ってきたり、靴を履いて出て行ったりすると

また靴に残っていた小石や泥で、玄関周りがドロドロに・・・。


欧米では、普通、家の中でも靴を履いたままですよね。

でも、スウェーデンって欧米では珍しく、ほとんどの家で靴を履き替え室内履きで過ごします。

まるで日本みたいだなあ。なんでだろう?って、夏にここに来た時は不思議に思ったのですが、

冬になって納得しました。。。

ドロドロの靴のまま、部屋の中には絶対に入れませんっ!!


とにかく、この時期、お店に入っても床はドロドロ。

店員さんは、床掃除だけで大変だろうなあって思います。

病院などでは、入り口にビニールの靴カバーが置いてあり、それを靴にかぶせて中に入ります。



寒すぎるのは困るけど、このドロドロはもっと嫌なので、

とりあえず、もう1回、しっかり雪が降ってくれないかなあと思ってしまうのでした。


雪がすごくって大変な地方にお住まいの日本のみなさんに叱られてしまいそうだけど…。



<追記>

こんなこと書いてたら、昼から雪になりました。。。

P1000281.jpg


積もりそうです。。。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。