ストックホルムでの日々を・・・
Confeito@Stockholm
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラス工房(glasbruk) inスカンセン
2008年 10月 02日 (木) | 編集
081002-1.jpg

今日は、スカンセンの工房街にある、ガラス工房を紹介します。

ガラス工房と隣り合わせてショップもあり、
工房で作られた製品が、直接販売されています。


陶工房に比べると、ガラス工房はかなり大きな建物です。

081002-2.jpg

ガラス工房とショップは、年間を通して、ほぼ毎日オープンしているようです。

081002-3.jpg

工房で制作している様子を、少し高い所にある見学スペースに座って、
ゆっくり見学することができます。

081002-4.jpg

黙々と働く二人の職人さん。。。

ショップには、素敵なガラス製品がたくさん並んでいました。

081002-5.jpg

クリスマスツリーや、夏至祭のメイポール。
これ、欲しかったんだけど・・・とりあえずここでも我慢。。。

081002-6.jpg

これは、この工房独自の製品で、ひび入りの「スカンセンガラス」と呼ばれるシリーズです。

ひびの入った、グラスや置物などもたくさんありました。


081002-7.jpg

ずいぶん前の写真ですが、今の天皇・皇后両陛下が、皇太子・皇太子妃でらしたころに、
このガラス工房にこられたようです。
ショップに写真が数枚飾ってありました。


スウェーデンの美しいデザインのガラス製品は、世界中の人気を集め、
この国を代表する製品となっています。

スウェーデングラスのガラス工房のほとんどは、
スウェーデン南東部のスモーランド地方の一部に集中していて、
その一帯は「ガラスの王国」と呼ばれています。

ぜひ、ストックホルム在住中に、ガラスの王国を訪れて、
ガラス工房見学したり、工房のショップでB級品をお安いお値段で購入したいです~。

さて、いつ行けるかしら・・・?。

Comment
この記事へのコメント
スカンセンガラス
こんにちは、Hannahさん。
スカンセンガラス・・・どっかで見たことがあります~・・・。でも、ひびが入っていて面白いなとは思いましたが、スェーデンの工芸品であるとは知りませんでした。面白いですね。日本の萩焼の貫入を思い出しました。焼きあがって(ガラスの場合はこういっていいのかわかりませんが・・・)からのお楽しみというのか、ちょっとパンにも通じるところがあるというのか・・・。職人さんならではの世界がありそうですね。

ガラスの王国もぜひ!!その時を楽しみにしています。
2008/ 10/ 03 (金) 01: 39: 17 | URL | たかはし # rEYhRaLU[ 編集 ]
たかはしさんへ
ひびが入っているガラス、、、
きっとこのスカンセンガラスだけではないでしょうね~。
他のところでも作ってますよね、きっと。
萩焼・・・そうですね。同じような感じですよね。
窯から出した時のお楽しみ。
確かに、パンと同じなのかもしれませんね。

ガラスの王国、いつ行けるかわかりませんが、
必ず行きたいと思っていますので、乞うご期待!
2008/ 10/ 03 (金) 08: 42: 30 | URL | hannah # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Confeito@Stockholm all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。